[日記]日記

  1. お気に入りのコンビニが…。
  2. ご近所さん
  3. ハンコを押すのって難しい
  4. 魚の骨と筋肉痛
  5. 個人的アワード2017
次のページ



お気に入りのコンビニが…。

2018.02.12 
昨年、ついに地元にセブンイレブンが!ならびについに地元にセブンイレブンが!(その後)という記事を書きました。
その記事の中でも触れた、行きつけのローソン。
2月はじめにお店に行ったら、閉店していました…orz
1月までは確かに営業していたのに。
やっぱり持ちこたえられなかったか~。
すぐ近くにセブンイレブンができて、一時はガクンとお客さんが減りましたが(ヒロト調べ)、その後客足が戻ってきていて安心していたのですが…。
やっぱり、セブンイレブンがローソンの店の前に「セブンイレブン○○店まで△△m」という看板をデカデカと出したのが大きい気がする。
こういうやり方、ホントに嫌い。
なので、あの記事の後もセブンイレブンには2~3回しか行ってません(行ってるんかい!)
気が付けば、わが家から車で5分圏内に4店舗ものセブンイレブンがオープンすることに(3店舗はオープン済み、1店舗は2018年3月オープン予定)。
いやいや、つくり過ぎでしょ。
今まではローソンにライバル意識むき出しでしたが、今度はファミリーマートがターゲットになったみたい。
家の近くに、建て替えするほど安泰なファミリーマートの店舗があるのですが、その近くにもセブンイレブンができるようで、果たしてどうなることやら。
ちなみに、上記で「セブンイレブンには2~3回しか行ってません」と書きましたが、行ったのはすべて同じ店です。
そこは、書店→100円ショップだった店舗で、とにかく広いのです。
こんな広いコンビニは見たことがないというレベルで空間を持て余しているので、ついつい面白くて数回行ってしまいました。

今回のローソンが閉店してしまったことで、近所にローソンがなくなってしまいました。
う~ん、とてもさみしいです。
車で15分ほど行けばローソンの店舗はありますが、やっぱり車で数分のお店と15分のお店とでは雲泥の差ですからねー。

他にも、大好きだった地元の大型スーパーが今月で閉店、取り壊しとなってしまいます。
そこはウチの地方で唯一の映画館もあったのですが、一緒に取り壊されてしまうので、ウチの地方では映画館がなくなってしまうことになります。
そんなにしょっちゅう映画を見に行っていたわけではありませんが、たまに一人で映画を見に行くと、お客さんが全然いなくて僕一人だけとかいうことがよくありました。
そういう時って、夏でも冬でもとにかく寒くて、震えながら映画を見ることになります。
お腹が弱い僕はあっという間に「お腹急降下→便意との闘い」になってしまって、映画の内容どころではなくなってしまいます。
さっさとトイレに行けばいいのですが、たった一人なのに途中退席するというのはなかなかできそうでできないものです。
それもこれも今となっては良い思い出です。

一方、近所の新興住宅地に地元初進出のスーパーが来てくれるらしく、しかもかなり大型店となりそうで、こちらはとても楽しみです。
その新興住宅地は以前から商業施設を誘致していたのですが、誰も来てくれず、結局ほとんどの用地が太陽光発電のパネルで埋め尽くされてしまっているので、この出店はとても嬉しいです。

2018年に入って、閉店や開店が相次いでいる我が地元。
開店する店舗については、せっかく開店するのですから、末長く営業してほしいなと思います。



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

ご近所さん

2018.01.29 
先日、道を挟んだ向かいのお宅のご主人が亡くなりました。
小さい頃から優しくしてくださった方で、残念でなりません。
実は、2年ほど前に奥さんが亡くなったばかりなのです。
その後、昨年の9月にウチの父が亡くなり、その3日後には向かいのお宅の右隣のご主人が亡くなり、その2カ月後にはさらにその隣のご主人が亡くなり……。
結局、2年ほどの間にご近所さん4軒で5人も亡くなるという事態になってしまいました…。

今は向かいのお宅は空き家状態です。
そして、その右隣のお宅は、奥さんが施設(?)に移動してしまい、今は親族が住んでいるらしいんですけど、広いお庭・畑は荒れ放題です。
さらにその隣のお宅は、まだ新築したばかりの家なのに、今は誰も住んでいない様子。
そこはもともとセカンドハウス的な存在だったようなので、奥さんは本宅(同じ町内)にいらっしゃるのかもしれません。
こんな感じで、わが家の周辺は一気に寂しくなってしまいました。
もともと閑静な住宅街でしたが、今は「閑静」を通り越してただただ寂しい。

よくニュースなんかで「住宅街の高齢化」とか「急増する空き家」といった特集がされていますが、まさにこういうことなんだなぁと実感しています。
ウチの周辺は、一気に土地が売れて一気に建物が建ったわけではないので、そこそこいろんな世代の人が住んでいるのですが、これが人気のニュータウンともなると、分譲開始とともに一気に土地が売れて一気に建物が建つことになるじゃないですか。
そうすると、住民は同じくらいの年齢の人が多数を占め、その人たちが一緒に年を取っていくことになるので、「住宅街の高齢化」という問題は深刻になるんでしょうね。
たとえ子供がいたとしても、将来その家に住んでくれるとは限りませんしね。
さらに年月が経つと空き家もどんどん増えて、ニュータウンが廃墟のようになってしまう可能性も…。
やはり街の新陳代謝って大切なんですね。

ウチの周辺はこれからどうなっていくんだろう…。
もし新しく誰かが引っ越してくるのであれば、いい人(いろんな意味で)でありますように。



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

ハンコを押すのって難しい

2018.01.15 
父に関する手続きは2017年のうちに終わらせてしまおうと思っていたのですが、気付けばいまだにダラダラと手続きをやっています。
相続に関する手続きって、結構時間がかかりますね…。

手続きの中でハンコ(実印)を押すことが多いんですけど、僕、自分が思っているよりもこの作業がかなり苦手だということが判明しました。
重要な書類ともなると、鮮明にハンコを押す必要があり、ちょっとでもかすれていたりするとNGで押し直しとなります。
失敗しないように、事前に何度か練習をしてから押すのですが、それでもたいてい失敗します。
朱肉の付け方や押印の仕方(「の」の字を書くように押すとか)に気を付けても、どこかがかすれてしまうことが多いです。
普段使うハンコよりも実印は大きいので、押しづらいという面もあるのかもしれません…。
今も、押印に失敗してその横にもう一度押印したらまた失敗して、どうしようもなくなって放置している書類があります(涙)
もうこのまま持って行って、ダメだと言われたら押し直すことにしようと思っています。

そんな僕に、さらに高いハードルが…。
「契印」ってやつです。
書類が複数枚となる場合に、書類の継ぎ目にまたがる形でハンコを押すものです。
もうどうやってもきれいに押せる気がしない…orz
これも事前に似たような継ぎ目を作って練習しましたが、全然上手く押せない!
左右で段差があるので、低い方にぽっかりと空白ができてしまうのです。
ネットの情報を参考にして、段差の低い方にのみ紙を挟み込んで左右の高さを均一にし、チャレンジしてみましたが、やっぱりそれでも上手くいかず…。
結局1時間ほど練習して本番に挑みましたが、見事に玉砕。
奇跡を信じてもう一度押し直してみたものの、結果は同じ…orz
こちらも、このまま提出して、ダメだと言われたら押し直すようにします…。

まだまだこれからも押印の必要な書類がたくさんあるようで、気が遠くなりそうですが、頑張ります(白目)。
ちなみに、最近、ハンコが上手く押せず焦りまくる夢を見て、うなされることがよくあります(苦笑)。



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

魚の骨と筋肉痛

2018.01.01 
2018年になりましたね。
昨年は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年の暮れは、タイトルにも書いた「魚の骨と筋肉痛」で本当に大変でした。
まず、魚の骨。
夕食でアジを食べていたら、ノドにチクッとした感触が。
しばらく様子を見ていたものの、ノドの違和感がとれませんでした。
鏡を使ってノドの奥を見てみたら、扁桃腺の横の窪みからアジの骨がひょこっと顔を出していました。
どうやら刺さっているわけではなく、扁桃腺の横の窪みにはまり込んでいるようで、骨が見える時と見えない時があり、窪みの中で自由に動き回っているようでした。
骨が見えている時を狙って骨を抜こうとしても、動いてどこかに消えてしまい、全然上手く取れません。
3日間格闘したものの依然として取れないので、4日目の朝一番でドラッグストアに走って使いやすそうなピンセットを購入し、あらためてチャレンジ。
自分で自分のノドにピンセットを差し込むというのは本当に難しくて何度も失敗しましたが、ようやく骨の端をキャッチして(見えてないので、あくまでキャッチしたという予想)、思い切り引き抜いたら……骨がない!
引き抜く際もその感触があったので、たしかに引き抜いたと思うのですが、ブツがない!
その後はノドの違和感が一切なくなったので、もはや答えは一つ。
――飲み込んだ?
引き抜いたときの感触では結構長めの骨だったはずなのに、いつの間に飲み込んだのだろう。
骨って、消化管に刺さったりすることもあるらしいので、飲み込むのも危ないんですよね…。
その後何ともなかったので消化管に刺さることもなかったようですが、本当にヒヤヒヤしました。

魚の骨ショックが冷めやらぬうちに、今度は筋肉痛。
その日はとても寒くて、普段はあまり使わないデロンギのヒーターを引っ張り出して使っていました。
椅子に座ってテレビを見ていたのですが、寒いので、デロンギのヒーターの上に足を乗せて。
そのうちにウトウトしたりして3時間くらいその体勢でいたと思います。
その日は特に何もなかったのですが、次の日朝起きたら、お腹と背中にものすごい痛みが。
ただ痛いのか攣(つ)っているのか、もはや分かりません。
今思うと、前の日の体勢がV字腹筋のような形になっていて、とんでもなく腹筋や背中に負担がかかっていたのかもしれません。
起床してしまえばそれほど支障はないのですが、目覚めてから1時間くらいが地獄。
ものすごい痛みとの闘い。
1時間くらいすると、ようやく楽になってきて、普通に動けるようになります。
起きていると何もないのに、寝ると痛みが増すって、不思議ですよねー。
こんな状態が3~4日続き、ようやく痛みがなくなってきて、年明け。

まさに波瀾万丈な昨年を象徴するかのような年末でした。
今年はただただ平穏無事に過ごしたいです。



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

個人的アワード2017

2017.12.18 
ここ数年、年末になると「個人的アワード」という記事を書いていますが、今年も例に漏れずネタがない(苦笑)
平々凡々な生活を送っているので、そんなに毎年変化があるわけがありません。

今年は父の死という大きな出来事がありましたので、もうそれに尽きるかなと思いますが、個人的アワードという観点からはだいぶ外れてしまいますので、それとは別に幾つかハマったものなどを書いておきたいと思います。

【動画部門】

靴磨き芸人 奥野の『兎にも角にも靴磨き』

普段、革靴の手入れなんてほとんどやらないんですけど、必要に迫られて(父親関連で)、この動画を見るようになったのがきっかけです。
今ではほぼ毎日視聴しています。
すでにかなりの数の動画をアップされていて、どれも勉強になるものばかり。
アップ主さんですが、僕が動画を見始めた頃は「スバル奥野」さんだったのですが、今年の10月末にコンビを解散してしまって、今は「奥野奏」さんとしてやっていらっしゃるようです。
奥野さんって、個人的には川須栄彦騎手に似ていると思うのですが、たぶん誰からもご賛同を得られないでしょう(苦笑)
いずれにしても、好きなタイプの顔です^^



それから、僕にとって動画といえば「バスの前面展望動画」。
今でもバスの前面展望動画好きの熱は冷めやらず、トレーニングで有酸素運動をする時は必ずバスの前面展望動画を見ています。
2015年に北海道稚内をスタートして2年。
ようやく九州に突入いたしました。
南の果てまで行ったら、また北海道から動画を見始める予定です。
もう何度見ても飽きない。

【ドラマ部門】

ミディアム 霊能者アリソン・デュボア

LaLaTVで韓国ドラマをよく見るのですが、その韓国ドラマの前後によく放送されているのが「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」。
最初はまったく見る気がなくて「霊能者なんて胡散臭いなぁ」と思っていたのですが、いざ見てみたらすごく面白い。
本命の韓国ドラマよりもこっちの方が好きになっちゃって、時間があれば見ていました。
このドラマは第1シーズンから第7シーズンまであるのですが、僕が見たのは第3シーズン~第7シーズン。
つい先日、第7シーズンの最終回が放送されたのですが、どこまでが現実でどこからが夢なのか、2回見ないと理解できなかった…orz
この第7シーズンは視聴率不振により打ち切りになったそうなのですが、最終回は「最後の最後まで描き切った」という感じで、制作陣の意地を見たような気がします。
ちなみに、LaLaTVではシーズン3とシーズン6を各1話ずつ連続で放送したりするので、混乱すること間違いなし(笑)
まだ第1シーズンと第2シーズンを見たことがないので、LaLaTVさん、ぜひ再放送してください。



あと、今すごくハマっているドラマがあるのですが、それはまた別の機会に…。
それでは、皆様良いお年をお迎えください。



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

| ホームへ | 次ページ

カテゴリー
雑誌・本・DVD・CD

NO LIMIT: TSUJIMOTO
辻本達規くん

プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT
村田諒太くん

スポンサード リンク
スポンサード リンク

月別アーカイブ