[80年代アイドル]83年組

  1. 懐かしい80年代アイドルのシール
  2. ジェームス・ディーンみたいな女の子 大沢逸美




懐かしい80年代アイドルのシール

2013.05.27 
自宅には、僕が4歳から使っている勉強机があります。
ふと思い立って机の引き出しの中を見てみたら、四角いミルキー缶が出てきました。
一時期テレホンカードを集めていて、それをミルキー缶に入れていたんだっけ。
「懐かしいなぁ」とテレホンカードのコレクションを見ていたら、缶の底からシールが数枚出てきました。
これまた懐かしい。
80年代アイドルのシール。
兄が買っていた『月刊明星』や『月刊平凡』の付録のシールをもらっていたんだっけ。
嬉しくって(ブログにも載せたかったし)つい写真を撮っちゃったんですけど、よく考えたら肖像権の問題等で載せられないですね。
こんな感じじゃ、何が何だかさっぱり分からないですしね(苦笑)
誰のシールなのか気になる人が一人くらいはいると思うので、書いておきますね。
マイナーアイドル好きなのは今も昔も変わらないようで…。

◆ ルー・フィン・チャウ

ベトナム難民でスター誕生出身。
雑誌ではよく見かけた記憶がありますが、テレビで動くところは一度も見ることができませんでした。
デビュー曲「スター誕生」は名曲ですよね。

◆ 田中久美

当ブログでも記事にしたことがある田中久美さん。
シールを保管しているということは、やはり当時から気になる存在だったんですね。
ところで、彼女の「腹話術の人形」顔を見事に受け継ぐ逸材を発見。
それは、宮市亮くん(アーセナル)。

◆ 佐久間レイ

サンデーズの一員でした。
アイドルとしてはまったく売れませんでしたが、後に声優として大成功しました。
歌は非常に上手でしたが、楽曲に恵まれませんでしたね。

◆ 矢吹薫

なぜ?
銀蝿一家は好きじゃなかったのに(怖いから)、なんでシールを取ってあったんだろ。
銀蝿一家の中ではかわいい系だったからかな。
ネットで最近のお姿を拝見しましたが、「どなたですか?」状態でした。

◆ 北川剛

デビュー時はスポーツ刈りで、「こんな髪形でもアイドルになれるんだ」と驚愕したのを覚えています。
俳優としても活躍していたらしいのですが、残念ながら僕は見たことがありません。
いかつい風貌とは裏腹に優しい歌声で、今聴いてもキュンとしてしまいます。
特にデビュー曲の「握手でグッバイ」がお気に入りでした。
最近、某サイトでご本人らしき人をお見かけしましたが…。

◆ 原真祐美

当時のアイドルとしては珍しく、物静かで陰のある雰囲気でした。
僕は結構好きでした。
とんがり帽子で歌っている姿が忘れられません。
金妻でレズビアンの役を演じたあたりから「ん? あれ?」という感じでしたが、何といっても大ショックだったのが週刊プレイボーイでのヌード。
1986年頃だったでしょうか、新聞を見ていたら、週刊プレイボーイの広告に原真祐美さんのヌードが載っていたのです(新聞なのでバストトップは★で隠されていた)。
この時のショックは、宮沢りえさんの時とは比べものになりません。
当時はまだ子供で週刊プレイボーイを堂々と買える年齢ではなかったので、実際にどんなヌードが掲載されていたかは全然知りません。
ただ、広告で見た細い体が妙に痛々しくて、「なぜ? どうして?」という気持ちでいっぱいでした。
あれから20年以上が経ちましたが、今もおキレイなままではないかと勝手に思っています。

◆ 今井まこと

佐久間レイさんと同時期にサンデーズの一員でした。
サンデーズって、結構気が強くてクソ意地の悪そうな人が多いのですが、今井さんは線が細くてとても優しそうなお兄さんという感じでした。



ルー・フィン・チャウさんと田中久美さんは2枚ずつで、あとは1枚ずつの計9枚。
これでもかというくらいマイナーアイドルばかり。
僕の趣味が分かりますねー。

当時はまだ女の子が好きだったハズなのですが、結構男性アイドルのシールも取ってありますね。
もうこの頃から男性好きの素地があったのかもしれません。

アイドル ミラクルバイブル・シリーズ~コロムビア・アイドル・アーカイブス~原真祐美ベストアイドル ミラクルバイブル・シリーズ~コロムビア・アイドル・アーカイブス~原真祐美ベスト
原真祐美

コロムビアミュージックエンタテインメント 2003-12-03
売り上げランキング : 174782

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

ジェームス・ディーンみたいな女の子 大沢逸美

2007.05.13 
昼ドラ「麗わしき鬼」に出演している80年代アイドルといえば、このお方。

大沢逸美さん。

僕自身、この方のアイドル時代はあまり記憶がないのですが、宝塚の男役みたいな衣装を着て唄っている姿は、はっきりと覚えています。
デビュー曲「ジェームス・ディーンみたいな女の子」とセカンドシングル「キリキリ舞い」までは覚えていますが、その後の曲は…。
この2曲だけでいうなら、「キリキリ舞い」の方が好きでした。

大沢さんといえば、第7回(1982年)ホリプロタレントスカウトキャラバンで優勝してデビューしたわけですが、当時のアイドルとしては考えられない身長の高さ(170cm)で、僕自身も子供ながらに「この人は他のアイドルとは何か違うなぁ」と感じていました。
今でこそ170cmを超える女性芸能人はたくさんいらっしゃいますが、当時は「背の高いアイドルは売れない」なんて言われていましたからね。

女優に転身されてからは、悪役がぴったりはまってブレーク。
2時間ドラマなどでたびたびお見かけするようになりました。
そんな大沢さんを見ていて、前々から気になっていたことが。
それは、お肌。
化粧をしていても分かってしまうほど、かなりお肌が荒れているんです。
かなり健康に気を遣っている記事を見かける一方、ドラマの中ではタバコを吸ったりしていますし、体調は大丈夫なのかなぁと心配しています。
「麗わしき鬼」を見ていても、どうしても大沢さんの肌が気になって気になって…。
大沢さん、どうぞお体ご自愛くださいね(←余計なお世話か^_^;)。

ところで、大沢さんのデビュー時のキャッチフレーズに関して、デビュー曲と同じ「ジェームス・ディーンみたいな女の子」だという説と「NICE GIRL It'S ME」だという説があるのですが、どっちが正しいんでしょうね。

●作品リスト(シングル)
「ジェームス・ディーンみたいな女の子」
 TEICHIKU RE-580 83.02.21
「キリキリ舞い」           
 TEICHIKU RE-595 83.06.10
「ダンシング・レディ」        
 TEICHIKU RE-605 83.09.01
「NO-NO BOY」            
 TEICHIKU RE-620 84.01.21
「夢中遊泳船」            
 TEICHIKU RE-635 84.04.21
「ヨコハマ・エナジー」        
 TEICHIKU RE-655 84.10.21
「上海慕情 exotica」         
 TEICHIKU RE-654 85.01.21
「まるはだか ON THE BEACH」     
 TEICHIKU RE-679 85.09.21
「Tonight」             
 TEICHIKU RE-707 86.02.21
「ジャスト・オージー・フィーリング」 
 TEICHIKU RE-719 86.06.21
「Blue In Your Eyes」        
 TEICHIKU TEDA-4 90.05.21
赫いわななきウィキペディアより引用させていただきました。感謝。)

大沢逸美 ゴールデン☆ベスト大沢逸美 ゴールデン☆ベスト
大沢逸美

テイチクエンタテインメント 2012-01-10
売り上げランキング : 219105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

| ホームへ |
カテゴリー
雑誌・本・DVD・CD

NO LIMIT: TSUJIMOTO
辻本達規くん

プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT
村田諒太くん

スポンサード リンク
スポンサード リンク

月別アーカイブ