2011年03月

  1. 家電エコポイントの申請から交換まで
  2. コロは屋根のうえ




家電エコポイントの申請から交換まで

2011.03.21 
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震。
テレビで地震に関する報道番組をみるたびに、ショックで落ち込んでおりました。
被害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。

そんな中、3月15日にあるメールが届きました。
件名は「家電エコポイント発行のお知らせ」。
あ、そうだった。
エコポイントを申請していたんだっけ。
すっかり忘れていました…。
ここは、備忘録も兼ねて、家電エコポイント申請から交換までの経過を書きとめておきたいと思います。
大まかな流れはこちら↓

2010年11月26日 家電エコポイント対象製品(液晶テレビ2台)を購入
2011年02月16日 古いテレビ2台をリサイクルに出す
2011年02月17日 家電エコポイントを申請する
2011年03月15日 家電エコポイント発行のお知らせが届く
2011年03月15日 家電エコポイントを合算する
2011年03月15日 家電エコポイントの交換を申し込む
2011年03月18日 家電エコポイントからWAONへの交換が完了


こんな感じです。

液晶テレビを購入してから3カ月近く放置していたのは、単に面倒くさかったから(^^;)
というのも、インターネットでテレビを購入したため、すべての手続きを自分でやらなくてはいけなかったんです。
店頭で購入していたら、手続きはお店の人が代行してくれていたんですけどね~。

2月に入ったあたりから「そろそろエコポイントの申請をしないとヤバいなぁ」と思い始め、重い腰を上げてまずはエコポイントの申請に必要な書類を揃えることにしました。
エコポイント取得に必要な書類は、申請書、テレビの保証書(コピー)、領収書(原本)、家電リサイクル券の排出者控え(コピー)。
このうち申請書はプリントアウトできる(インターネット申請の場合)のでいいとして、問題は残りの書類。
保証書には店名も日付も何も書かれていない。
領収書なんて、もらってない…orz

まずはテレビを購入したお店に連絡して、領収書を発行してもらいました。
その際、「保証書に何も書かれていないけど、そのまま申請してもOKですか?」と質問したら、「そのままでOKです」との回答をいただいてホッとひと安心。
しかし、念のため「グリーン家電エコポイント事務局」にも電話して聞いてみたら、「保証書には販売店名・日付・お客さまの住所・名前などが書かれていないと受理できないので、何も書いていないのなら自分で記入してください」とのこと。
えーっ、自分で記入するの?
販売店名や日付を自分で記入するのはすごく違和感があるんですけど。
そこで、もう一度購入店に問い合わせてみたら、「保証書に自分で記入してしまうと、いざという時に保証することができなくなります」と言われ、さらに混乱。
どっちなのよ。
結局、いざという時に保証してくれないのは嫌なので、何も記入せずにそのままコピーして申請しました。
結果的にはこれが大正解で、保証書は「型名」と「製造番号」さえ分かればOKなんだそうです。
記入しなくて良かった~。
「グリーン家電エコポイント事務局」のあの回答は何だったんだろう。
事務局も結構混乱しているのかもしれないですね。

残る書類は、家電リサイクル券の排出者控え。
これが一番面倒くさかった~。
小売店にテレビの引き取りをお願いすれば良かったんですけど、何も買っていないのに引き取りだけをお願いするのって気が引けてしまって…。
結局、自分で指定引取場所にテレビを運んで、引き取ってもらうことにしました。
まずは郵便局(ゆうちょ銀行)に行き、郵便局(ゆうちょ銀行)に置いてある家電リサイクル券(料金郵便局振込方式)を使ってリサイクル料金を振り込みます。
この記入がまた面倒くさいんですわ。
テレビのメーカーや大きさによってコード・料金が違うので、いちいち冊子で調べなくてはいけません。
さらに、1台ずつ記入しないといけないので、テレビ2台だと家電リサイクル券を2部記入しなければならず、とにかく面倒くさい。
数十分かかって、ようやくリサイクル料金の振り込みが完了。
ブラウン管テレビ16型2台で、2835円×2=5670円(さらに振込手数料がかかります)。
次に、この時もらった振替払込受付証明書を家電リサイクル券の所定の位置に貼り、テレビとともに指定引取場所に持っていきます。
指定引取場所で家電リサイクル券にハンコを押してもらって、家電リサイクル券排出者控えを受け取り、それをコピーして、ようやく提出書類の出来上がり。
ふ~、疲れた~。
家電リサイクルは自分で手続きするもんじゃないですね~。
とにかく手間がかかります…。

エコポイント取得に必要な書類がやっと揃ったので、次にインターネットからエコポイントの申請を行いました。
インターネット申請自体は簡単でいいのですが、手続きがそれで終わるわけではありません。
インターネット申請の最後に出てくる印刷用ページをプリントアウトし、それに書類を添付して郵送しなければなりません。
エコポイント申請も対象製品1つにつき1通作成しないといけないので、2通作成して郵送しました。
インターネット申請ではその場で交換したい商品を選ぶことができますが、僕はあとでポイント合算したかったので、その場では商品を選びませんでした。

これでエコポイントの申請は完了。
あとは、無事にエコポイントが発行されるのを待つばかりです。
ちなみに、インターネット申請の際に、サイトの「マイページ」に入れるIDとパスコードをお送りしますという告知がありますが、送られてくるのはエコポイントが発行された際ですので、だいぶ待つことになります。
すぐに送ってくることはないので、ご注意を。
あと、書類を郵送したとしても、不備があると送り返されてくるので、郵送する際はよく確かめてから送るようにしましょう。

僕の場合は幸い書類の不備がなかったらしく、2011年2月17日に書類を郵送してからほぼ1カ月後の3月15日に「家電エコポイント発行のお知らせ」というメールが2通届きました。
「マイページ」に入れるIDとパスコードが書かれていたので、マイページ上でポイント合算をしました(15000点+10000点=25000点)。
その勢いで、ポイント交換の申請もすぐに済ませちゃいました。
僕が交換申請したのは、イオンの電子マネー「WAON」25,000円相当分。
「WAON」に交換するには、

エコポイントからの交換申請
  ↓
WAON番号登録申請
  ↓
WAON番号登録完了通知が届く
  ↓
WAONカードにポイントをダウンロード


という手順を踏みます。
「エコポイントからの交換申請」は3月15日に行い、その後「WAON番号登録申請」についてのメールが3月17日に届いたのですぐに申請し、3月18日には「WAON番号登録完了通知」が届きました。
あとは、WAONカードにポイントをダウンロードすれば終わりなのですが、ダウンロードするにはイオン系のお店に置いてある「WAONステーション」で手続きしなければなりません。
「んもー、面倒くさいな~」と思っていたら、ダウンロード手順が書かれたWAONのサイトに小さく「ICカードリーダをご利用の場合は、インターネットでのWAONダウンロードも行えます」と書いてあるのを発見。
ここで言う「ICカードリーダ」というのは、「WAONリーダライタ」もしくは「FeliCaポート/パソリ」のことだそう。
ん? Felicaポート?
たしか、今使っているパソコンに搭載されているぞ。
絶対使うことはないと思っていたけど。
物は試しと、早速インターネットでのWAONダウンロードにチャレンジしてみました。
WAONサイト上のWAONネットステーションにログインして「ダウンロード」のページに行き、パソコンのFelicaポートのマークにWAONカードをかざすと、あっさりダウンロードができました。
しかも、ダウンロードが完了した際には、「ワオン!」という犬の声までしましたよ。
Felicaポートって便利だなぁ。
今まで邪険な扱いをしてごめんよ。

こうして、3月18日にエコポイントからWAONカードへのポイント交換が完了しました。
エコポイントの申請をしたのが2月17日でポイント交換完了が3月18日。
エコポイントの申請はすごく時間がかかると聞いていたので、思ったよりもずっと早かったです。

こうして苦労して手に入れたWAONポイントですが、食品や生活用品の購入であっという間になくなってしまうでしょう…orz
せめて、「♪20日・30日 5%OFF♪」の日に使うことにします(WAONで支払っても5%OFFになるのです)。

(当ブログ内の関連記事)
家電エコポイント半減による駆け込み需要に乗っかってみた。




人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

コロは屋根のうえ

2011.03.07 
先日、「コロは屋根のうえ」が急に聴きたくなりました。
この「コロは屋根のうえ」というのは、「NHK みんなのうた」で流れていた曲で、とっても好きな曲なんです。

早速、動画サイトで探してみたのですが、全然見つからない…。
「あ、見つかった!」と思っても、削除された後の残骸ばっかりで。
この曲は削除されやすいのかな。
でも、同じ「みんなのうた&大貫妙子さん」の「メトロポリタン美術館」の動画は削除されずに残っているし、よく分からん…。

そうして探し続けること数日…。
ついに、動画を見つけました!
動画のタイトルは「coro's on the roof」。
「koro」では検索したけど、「coro」は検索しなかったなぁ。
これくらい分かりにくくしないと削除されちゃうのかもしれませんね。

かなりワクワクしながらその動画を再生したのですが、正直がっかり…orz
まず、映像がない…。
そして、歌っているのが大貫妙子さんじゃない…。
これが「NHK みんなのうた」の怖いところで、みんなのうたがCD化されると、原曲と違うアーティストが曲を歌うことが多いのです。
権利関係とかいろいろあるのでしょうが、原曲を歌っている人じゃないと意味がないじゃん。

今回の「コロは屋根のうえ」も「みんなのうた」系のいろいろなCDに収録されていますが、歌っているのは忍足敦子さんだったり、橋本潮さんだったり、古川葉子さんだったり。
大貫妙子さんの歌を聴こうと思えば、「みんなのうた」と全く関係のない大貫妙子さん自身のCDアルバムを買わなければいけません。

ピュア・ドロップスピュア・ドロップス
大貫妙子

ミディ 1991-06-21
売り上げランキング : 126423

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんだかなー。
「コロは屋根のうえ」っていう曲は、大貫妙子さんの歌だから良いのに。
そして、あのかわいい半立体アニメーションがあるからこそ、この曲が引き立つのに。

どうにかして映像とともに大貫妙子さんの歌が聴けないものかと考えていたら――ありました、奥の手が。
「みんなのうた」とも「大貫妙子さん」とも関係のないルートからの入手方法がありました。
それは、アニメーション作家岡本忠成さんのDVDを買うこと。
この「コロは屋根のうえ」の半立体アニメーションを作ったのは、岡本忠成さんなのです。
2009年6月24日に発売された「岡本忠成全作品集 DVD-BOX」のVol.3の中に「みんなのうたシリーズ」というものがあり、「コロは屋根のうえ」をはじめ岡本さんが作成した「みんなのうた」のアニメーションが歌とともに収録されています。
これは買うしかないでしょう^^
幸い、DVD-BOX以外に、Vol.1、Vol.2、Vol.3が単品で販売されているので、Vol.3のみ単品で購入することにしました。
さらに、「全額楽天スーパーポイントで購入しよう」とセコく考えた僕は、楽天市場の中でできるだけ安く買えそうなお店を探して注文しました。
発売してからそれほど時間が経った商品でもないし、すぐに届くだろうと思っていたのですが、結果的にその考えは甘かった…。
注文したお店から届いたメールに書かれていたのは、「お取り寄せとなりますので、お届けまで2~3週間かかります」というお知らせ。
えーっ、お取り寄せなんて聞いてないよ。
だって、お店のサイトの商品ページには「お取り寄せ」なんて一言も書いてなかったじゃん。
くっそー、お取り寄せなら、在庫のある別の店で購入したのに…。
今さらキャンセルするわけにはいかないので、大人しく2~3週間待つことにしました。
そして3週間が過ぎた頃、そろそろ商品が届くかと思って楽しみにしていたら、お店からメールが届きました。
注文キャンセルのメールでした…
どうやら、商品の入荷のメドが立たなかったようです。
さ、さ、3週間以上も待たせておいて、キャンセル?
しかも、お店からはキャンセルの自動配信メールが届いただけで、直々にキャンセルについてのメールをいただくことができませんでした。
何、この対応?
信じられん…。
久しぶりにカッティーンと来ました。
非常に残念ですが、このお店を利用することは二度とないでしょう。
さようなら~。

気を取り直して、今度はしっかりと「在庫あり」と書かれているお店(楽天市場内)から購入しました。
すると、2日で届きました。
最初からこのお店で購入しておけば良かった。
この1カ月は何だったんだ。悔しー。

こんな紆余曲折を経て購入した「岡本忠成作品集 Vol.3」ですが、買って良かった~。
「コロは屋根のうえ」がアニメーション&大貫妙子さんの歌で視聴できるなんて、なんて幸せなんでしょう。
コロは白いぶち犬だと思っていたら案外茶色かったとか、いろいろと新しい発見がありました。
「コロは屋根のうえ」以外にも、「メトロポリタン美術館」「ロバちょっとすねた」なんかも収録されていて、大満足。
懐かしかったなぁ。

しばらくは「みんなのうた」気分に浸れそうなので、また近いうちに「ヒロトが選ぶ NHKみんなのうた ベスト10」的な記事を書こうかなと思っています。
お楽しみに~(←誰も楽しみにしてないって)。

◆ コロは屋根のうえ
  作詞・作曲・歌:大貫妙子
  編曲:乾裕樹
  アニメ:岡本忠成
  NHKみんなのうた 1986年12月~1987年1月放送

↓ 「岡本忠成作品集 Vol.3」はHMV 楽天市場ストアで購入したのですが(←キャンセルされたお店じゃないよ、2日で届いた方のお店)、僕が買ったことで「在庫あり」から「お取り寄せ」になってしまいました。あしからず。
岡本忠成作品集 Vol.3 【DVD】

岡本忠成作品集 Vol.3 【DVD】
価格:3,591円(税込、送料別)




人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

| ホームへ |
カテゴリー
雑誌・本・DVD・CD

NO LIMIT: TSUJIMOTO
辻本達規くん

プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT
村田諒太くん

スポンサード リンク
スポンサード リンク

月別アーカイブ