2011年08月

  1. 俺の歩幅は60センチ
  2. ブログのアクセス数とGoogleのアルゴリズム




俺の歩幅は60センチ

2011.08.22 
第93回全国高校野球選手権大会は日大三高の優勝で幕を閉じましたね。
日大三高は力が抜きん出ていて、「優勝するべくして優勝した」という言葉がぴったり当てはまる圧勝でした。
僕はほとんどBS朝日で高校野球を見ていたんですが、すごく嬉しかったのは、試合終了のたびに流れる曲が「瞬間」(西浦達雄さん)だったこと。
この曲は、1990年代前半、朝日放送の高校野球中継のエンディングテーマだったんですよね。
今回と同じように試合終了のたびに流れていて、この曲を聴くのがとても楽しみでした。
なんで今年「瞬間」が流れているんだろうと思って調べたら、朝日放送は今年創立60周年にあたり、その記念としてこの「瞬間」がエンディングテーマとして特別に復活したのだそう。
朝日放送とBS朝日で流れていたから、耳にした人も多いと思います。
やっぱりエンディングテーマはこの曲じゃなくっちゃね。

「瞬間(とき)」の歌詞
↑西浦達雄 オフィシャルウェブサイトより

僕には、もう一曲「高校野球中継といえばこの曲」というものがあります。
それは住友グループのCMソング。
1980年代中盤あたりに、朝日放送の高校野球中継で流れていました。
このCMは試合と試合の間のインターバルに流れていて、とにかく曲がいいのと「俺の歩幅は60センチ」という歌詞がとても印象的だったんです。
夏休みに遊びに行ったおばあちゃんの家で、このCMを見たいがために高校野球を見ていたのを思い出します。
このCMソング、また聴きたいなぁと思って調べてみたら、残念ながらCD化等はされていないみたいですね。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/618543.html
↑教えて!gooより

曲名:未来の芽 大切に
作詞:荒木とよひさ
作曲:馬飼野康二
唄 :岸正之


なるほど~。馬飼野康二さんの曲でしたか。
どうりでいい曲だと思った。
馬飼野さんはホントにいい曲作りますね。
ところで、歌っている岸正之さんという名前にも聞き覚えが。
調べてみたら、有名な作曲家さんじゃないですか!

岸正之ホームページ

「works」のページを見てみたら、80年代アイドルをはじめとしてたくさん作曲されているんですね。
例えば、

南野陽子「話しかけたかった」
松本典子「青い風のビーチサイド」
渡辺満里奈「マリーナの夏」
藤谷美紀「転校生」
伊藤智恵理「雨に消えたあいつ」
若林加奈「セプテンバー・クイーン」


などなど。
ギョエーーーーーーッ!
僕の好きな曲ばっかりじゃーん。
今でも動画サイトで聴きまくっている曲ばっかりだよ。
このラインアップを見ていて気付いたことがあります。
岸正之さんの曲って、とにかく穏やかで優しくて心地いいんです。
この波長が僕にはすごく合っているのかもしれません。
メロディラインもとてもきれいだし。

こうした作曲活動の前にはご自身もシンガーをされていたんですね。
住友グループのCMソングを聴くと、本当にいい声をしていらっしゃいますもん。
でね、岸さんの声もやっぱり穏やかで優しくて心地いいんですよ。
もしかしたら、こうした穏やかさ・優しさは岸さんの人となりそのものなのかもしれませんね。

ちなみに、岸さんはご自身のサイト上でも住友グループのCMについて書いていらっしゃいます。

住友グループ1984CM
↑岸正之ホームページより

ここで紹介されている動画を見ようと思ったら、なんと削除されているではありませんか…
歌っているご本人が紹介してくれているというのに…
見たかったなぁ、この動画。
一生懸命探したら、別の動画サイトで住友グループのCMを見つけました。

こんないい曲、今からでもCD化してくれないかなぁ。
この曲のファンはかなりいるはず。

P.S. サビの部分をエロい替え歌にするのはくれぐれもやめましょう。

はじまりの瞬間・・・はじまりの瞬間・・・
西浦達雄

バウンディ 2010-07-21
売り上げランキング : 12123

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

ブログのアクセス数とGoogleのアルゴリズム

2011.08.08 
このブログに来てくださる方は、ほとんどが検索エンジン経由です。
このブログはなぜか開設当時から検索エンジン(特にGoogle)に好かれていて、ブログ開設当日にいきなり150人以上のアクセスがあったのにはびっくりしました。
その後もいろんなキーワードで検索結果の上位に表示されるようになり、それに伴ってアクセス数も増えていきました。

しかし、検索エンジンの検索結果における順位は水もの。
検索結果の順位を決定するアルゴリズムは誰にも分からないので対策の立てようがないし、そのアルゴリズムがしょっちゅう変更されるので、ただただ流れに身を任せるしかありません。
つまり、今は検索結果が上位でも、いつ急落するか分からないということなんです。
僕自身、それはよく分かっていて、いつ検索結果の順位が落ちてもいいように心の準備だけはしているつもりでした。
しかし、1年経ち、2年経ち、3年経ち、4年経っても順位が落ちなかったので、ちょっと油断というか「ずっとこのまま上位かも♪」なんていう気持ちになっていました。

そんな時にやって来たのです。
検索結果の順位の急落が…orz
7月下旬から急にブログのアクセス数が激減し、それまでの5分の1になってしまいました。
「あれ? もしや」と思った僕は、今まで上位に表示されていた幾つかのキーワードを検索してみたのですが、まったくヒットしません。
順位の急落どころか、圏外になってしまったのです。
「あー、来るべき時が来たなぁ」という感じです。
6月と7月にGoogleのアルゴリズムが大きく変わったらしいので、その際に僕のブログは何かしらの理由で嫌われてしまったようです。
心の準備をしていたとはいえ、「ずっと上位かも」なんて思い込んでいたので、かなりショックでしたねぇ。
何がショックかって、ブログのアクセス数が激減したこともショックでしたけど、Googleに嫌われたことが一番ショックでした。
なんか、長年付き合ってきた恋人から三くだり半を突き付けられたみたいで…orz

6月から7月にかけて、広告をすべて外していた時期があって、今は元に戻しているんですけど、そうやってブログをいじったことが良くなかったのでしょうか。
もう、Googleさんの考えることはよく分からん…。

ま、最初はショックでしたけど、いつまでも落ち込んでいても仕方ありません。
今後も今までどおり普通にブログを更新していくのみ!
といっても、2週間に1回のペースだけど(^^;)
検索エンジン以外からアクセスしてくださる方、特に何度も来てくださる常連さんのありがたみを、あらためて感じています。
皆さん、いつも来てくださってありがとうございます。
そして、今後ともよろしくお願いいたします。

P.S. Googleさんが「よりを戻したい」と言ってきたら、喜んでお受けするつもりです^^



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

| ホームへ |
カテゴリー
雑誌・本・DVD・CD

NO LIMIT: TSUJIMOTO
辻本達規くん

プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT
村田諒太くん

スポンサード リンク
スポンサード リンク

月別アーカイブ