2012年04月

  1. GW(ガーデニングウィーク)
  2. 耳毛が多い、そして長い
  3. 2012年世界フィギュアスケート選手権




GW(ガーデニングウィーク)

2012.04.30 
今年のゴールデンウィークはガーデニング三昧で過ごしています。
本当はそのような予定はなかったのですが、ある出来事がきっかけで連日ガーデニングをする羽目に…。
それは一週間ほど前のことでした。

家庭菜園で育てている野菜やハーブの生長が良くないので、ホームセンターに新しい苗を買いに行きました。
ちょうどその日に入荷したばかりのパセリの苗があったので、10株買いました(わが家では結構パセリを使うので、毎年10株くらいは育てているのです)。
パセリ苗の横にパセリの育て方が書かれた紙があったので何の気なしに読んでいたら、「連作を嫌います」という言葉が書かれていました。
「連作を嫌うって、何?」
その時の僕にはこの言葉の意味がまだよく分かっていませんでした。
なぜか妙にその言葉が気になったので、家に帰ってからインターネットで調べてみました。
それによると、同じ作物を同じ場所で育て続けると生育不良になったり病害虫が発生したりすることがあるそうで、これを「連作障害」というんだそうです。
先ほどの「連作を嫌う」というのは、つまり「連作障害を起こしやすい」という意味だったのです。
知らなかった…。
どうりでウチの野菜&ハーブ達は年々苗が小ぶりになっていたわけだ。
わが家では、

野菜苗やハーブ苗を買ってきてプランターに植える

育てながら、葉を収穫

花が咲いて種ができて枯れる

こぼれ種が発芽してまた育てる

というサイクルだったので、同じ作物をずっと同じ場所で栽培していたんです。
連作障害を起こしやすい作物なら、当然年々生長が悪くなっていくわけですよね。
この連作障害を避けるには、別の科の作物と組み合わせてローテーションで植えていく「輪作」がいいらしいのですが、わが家の場合、育てているのがパセリ、ミツバ、アシタバなど圧倒的にセリ科が多い。
ダメじゃん、輪作できないじゃん。
ほかに何かいい方法はないかと考え、思いついたのが土壌を改良すること。
本来なら、プランターの土を丸々入れ替えてしまえばいいのですが、それじゃあ土がもったいない(そんなお金もないし)。
というわけで、ゴールデンウィークはプランターの土を改良して再生させることにしたのです。

予定では、

プランターで栽培している苗をポットに移し替える(仮植え)

プランターの土をすべて取り出す

鉢底石は洗って再利用

土はふるいにかけて、古い根などを取り除く

土に腐葉土、苦土石灰を加えて10日間ほどなじませる

苗を植え付ける

という計画でした。
本当なら、土はしっかりと消毒した方がいいのですが、ゴミ袋に入れて1カ月間置いておく(太陽光線で消毒)とかムリなので省略。(←省略しちゃっていいのか?)

土をなじませる時間が必要ですし早く作業を始めなきゃってことで、ゴールデンウィーク初日から張り切って作業開始しました。
ただし、張り切っている気持ちとは裏腹に、作業している格好は不審者そのもの。
マスク(花粉症のため)、ゴーグル(花粉症のため)、帽子(日焼け防止のため)、タオル(日焼け防止のため ほおかぶりとして)。
想像しただけでも相当怪しいでしょ?
誰かに見られたら恥ずかしいので、誰にも気付かれないようにそ~っと作業していたのですが、こんな時に限って近所の人が「こんにちは」って通り過ぎたり、隣の子どもが「ボール取らせてくださ~い」って来たり、宅配便の兄ちゃんが物を届けに来たり。
最悪だ…

最悪なのは作業の方も同じで、土をふるいにかける段階で思いのほか作業が難航。
なぜか分からないのですが、プランターの土に緑色に着色された不自然な色の小石がたくさん入っているのです。
あと、人工芝のかけらみたいなものもたくさん入っていました。
緑色の石の方は鉢底石やプランターの壁に色が移ってしまって気持ちが悪いし、人工芝のかけらも土に分解されないので気持ち悪いしで、これらも取り除くことにしました。
これらはふるいにかけると網に残ることもあれば通り抜けてしまうこともあるので、結局は割りばしで一つひとつつまんで取り除かなければなりません。
この割りばし作業の時間がかかることといったら…
今日はゴールデンウィーク3日目ですが、今日までに土をふるい終わったのはプランター3個のみ。
一日で一個のプランターの土しかふるっていないなんて…。
いつになったら終わるのか怖い気もしますが、地道にやっていくしかありません。
ゴールデンウィークは、まさに最初から最後までガーデニングウィークとなりそうです。


国産100% 【天然カキ殻 苦土石灰】 2kg

国産100% 【天然カキ殻 苦土石灰】 2kg
価格:450円(税込、送料別)




人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

耳毛が多い、そして長い

2012.04.16 
僕の中で、「耳」は結構コンプレックスなんです。
というのも、他の人と形が違うから。
そのせいで、イヤホンは入らないし、ヘッドホンをしてもすぐに耳が痛くなるし。
具体的にどんなふうに違うかというと――うーん、言葉で説明するのは難しい。
百聞は一見にしかずということで、自分の耳の写真を撮ってみました。
絶対使わないと思っていたパソコンのWebカメラを使う日が来るなんて驚き。
とりあえず、僕の耳の写真を見てみてください↓

僕の耳
一般的な耳 ←ウィキペディアより

左右逆で見にくいと思うんですが、違いが分かってもらえました?
どこが違うかというと、中央の横線(この部位は何ていうのか?)。
ここって、耳の内側から外側に行くにしたがってスロープのように下っていき、へこんだ部分と合流するのが普通なんですが、僕の耳は内側から外側まで同じ高さのままなんですよね。
そのため、耳が上・中・下と3つの部分に分かれてしまい、イヤホンが入らない。
入らないイヤホンを無理やり押し込んでもすぐに中央の横線部分(?)が痛くなってくるし、ヘッドホンをしても耳の外側がすごく痛くなってくる。
とにかく長時間装着していられないんです。
もうホントに不便。
噂では、オーダーメイドでイヤホンが作れるらしいのですが、僕のこんな耳でもイヤホンが作れるのでしょうか。
長時間着けても痛くないイヤホンとヘッドホン、誰か開発して~。

そんなコンプレックスを抱えている僕の耳ですが、今までそれなりにきちんとケアをして優しくいたわってきたつもりなのに、最近ちょっと違和感が…。
今年(2012年)に入ってから、右耳がちょっと詰まった感じでモワモワするというか、ゾワゾワするというか、説明が難しいけどそんな症状が起こるようになりました。
例えば、ほっぺたをポンポンと叩くと、少し遅れて右耳からゾワゾワと聞こえるんです。
まさに、「こだまでしょうか」状態。
その症状は常に起こるのではなく、一日のうちでほんの数分起こるだけなんです。
でも、体を動かすたびにその衝撃でモワモワゾワゾワするので、あまり気分のいいものではありません。
最初は耳あかがたまっているのかなと思いましたが、耳掃除は普段からしているのでそれが原因ではなさそうです。
ま、放っておけばそのうち良くなるだろうと思ってなるべく気にしないようにしていたのですが、4月になっても良くならないので、花粉症の薬をもらうついでに耳鼻咽喉科で診てもらってきました。

僕の耳を診た先生が一言。

「うーん、耳毛が多いですね。そして長い」

えっ?! 今、それを言います?

分かってますよ、分かってますとも。
僕の頭の中では、Wink「愛が止まらない」の替え歌が繰り返し流れています。
♪ 耳毛の存在(こと)なら 初めから百も承知よ ♪

男は25歳を超えるとだんだんヒゲが濃くなってくるし、予想もしないところからムダ毛が生えてきたりするもんです。
耳毛もきちんとチェックしてお手入れしているのに、お医者さんからそんな言葉を聞くことになるとは…
ま、先生が言うところの「耳毛」は、僕が思っていた「耳毛=耳の外に向かって生える毛」ではなくて、耳の中の産毛のことだったんだけど。
さすがに、耳の中の産毛まではお手入れできません…

先生によると、耳がモワモワゾワゾワするのは耳の中の産毛がこすれたり皮膚に触れたりしているからではないかとのこと。
耳の中はきれいで、耳あかもないそうです。
先生は、「『聞こえ』に問題がなければ、そのままで大丈夫ですよ」とおっしゃって、診察終了。
確かに、音が聞こえにくいとかそういうことは全くないので、さほど気にしなくていいのかも。
正直、あのモワモワゾワゾワが耳毛のせいだとは考えにくいんですけど、先生の言葉を信じてあまり気にしないようにしようと思っています。

耳かき イヤースコープ led ライト付 7400画素 チタンコイル、ののじ耳掻きよりよく取れる♪40本+電池付 コデン ◆アイボリー耳かき イヤースコープ led ライト付 7400画素 チタンコイル、ののじ耳掻きよりよく取れる♪40本+電池付 コデン ◆アイボリー

コデン
売り上げランキング : 6847

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

2012年世界フィギュアスケート選手権

2012.04.02 
最近、フィギュアスケートネタを書いていなかったので、久しぶりに書いてみたいと思います。
大したことは書きません(というか、書けません)が。

2012年3月26日から4月1日まで、フランスのニースで世界フィギュアスケート選手権が行われました。
日本選手、頑張ってくれましたね。
リード姉弟がブログで書いていましたが、氷の状態に問題があったんですかね。
予想外のところで転倒している選手が結構いたように思います。

では、まずペアの高橋成美/マーヴィン・トラン組から。
銅メダルおめでとうございます!
ジュニアからシニアに移行して、こんなに早くメダルが取れるとは思っていませんでした。
ほんの数年前演技を見た時は、まだまだトップとはかなりの差があるなぁと思っていたのですが、短期間でここまで上手くなるとは。
若いって素晴らしい。
それにしても、高橋成美さんには笑わせてもらいました。。
氷上のエレガントな雰囲気と、キスアンドクライでのヤンチャ坊主みたいな雰囲気との落差たるや…
順位が出た瞬間、ひな壇芸人が誰かのボケにコケる時のような動きで前につんのめったかと思うと、サルのようにコーチに抱きつき、最後はキスアンドクライに仁王立ちして全身でガッツポーズ。
この子は発言も面白いし、今後も目が離せませんな。

次に男子シングルの橋大輔選手。
銀メダルおめでとうございます!
フリーはほぼノーミスでした。ブラボー。
彼の場合、ジャンプがメーンじゃないんですよね。
メーンは踊りで、その合間にサクッとジャンプを跳ぶ感じ。
あと、ブルースという難しいジャンルに果敢に挑戦しているところがすごいですよね。
ジワジワと盛り上がっていく一本調子な曲なのに、全く観客を飽きさせない。
あらためて彼のすごさを感じました。

そして、羽生結弦選手。
銅メダルおめでとうございます!
気持ちの入った演技で、本当に素晴らしかったです。
まさにロミオそのもの。
あんなに曲に入り込むことができる17歳って何なの。
思春期とかないのかしらん。
演技が終わった後にすごい目力のドヤ顔を見せたかと思えば、その直後にはもう柔和な顔に。
あのギャップがいいんですよねー。
羽生くんはジャンプや表現力以外にも、柔軟性という武器がありますよね。
でも、ビールマンスピンはかなり辛そう。
最近はいつも「もうこれが羽生くんのビールマンスピンの見納めかもしれない」という覚悟で見ています。
それはそうと、思わぬところで転倒するっていうパターン、前にもあった気が。
本当に心臓に悪いので、やめてね^^

女子シングルの鈴木明子選手。
銅メダルおめでとうございます!
フリーではブルーの衣裳が村上佳菜子選手とかぶっていましたが、鈴木さんの衣裳の方が断然素敵でした。
鈴木さんの演技からはいつも「滑ることが幸せ」っていうのが伝わってくるんですよね。
見ているこちらも幸せな気持ちになります。
ショートの「ハンガリー狂詩曲」もフリーの「こうもり」も鈴木さんに合っていて良かった。

惜しくもメダルに届かなかった村上佳菜子選手も浅田真央選手も小塚崇彦選手もよく頑張りました。
僕の大好きなデニス・テン選手もほぼノーミスだったし、他にも感想を書きたい選手がいっぱい。
でも、キリがないので、この辺にしておきます。

ところで、選手の演技を見る際、日本だけでなく外国の放送局の映像を見るのもまた面白いですよ。
選手の演技はどれも同じだけど、実況と解説が違うだけでこうも印象が違うのかと思ってしまいます。
ひたすら淡々としゃべる国、やたらテンションが高い国など、本当にいろいろ。
フィギュアスケートYoutubeというサイトでは、いろんな国の放送映像が見られますので、ぜひ一度見てみてくださいね。
ちなみに、イタリアの解説の人(フランカ・ビアンコーニさん)は羽生くんのことがいたくお気に入りのようで、ベタ褒めに次ぐベタ褒め。
羽生くんの動画を見る際は、イタリアの解説をおすすめします^^
いつの間にか、あなたも「モルトベーネ」だの「ベラメンテ」だの「ファンタ~スティコ」だの言っていること請け合い。
某動画サイトには、訳付きの動画がアップされていますので、ベタ褒めぶりがよく分かると思います^^
あと、高橋成美さんのキスアンドクライのシーンはどの国の放送でも大笑いでした。

蒼い炎蒼い炎
羽生 結弦

扶桑社 2012-04-07
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

| ホームへ |
カテゴリー
雑誌・本・DVD・CD

NO LIMIT: TSUJIMOTO
辻本達規くん

プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT
村田諒太くん

スポンサード リンク
スポンサード リンク

月別アーカイブ