2013年02月

  1. 同性愛をテーマにしたアイドルソングがあったっていいじゃない
  2. 恵方巻き・訳ありバウムクーヘン・デジタルカメラ




同性愛をテーマにしたアイドルソングがあったっていいじゃない

2013.02.18 
先日、某テレビ番組で大沢逸美さんが「ぶっちゃけ大っ嫌いでした」と杉浦幸さんに面と向かって言われていました。
面と向かって「嫌い」と言われるのはキツいですよね。
僕も何度か面と向かって「嫌い」と言われたことがありますけど(←恋愛的な「嫌い」ではなく、人間として嫌いというほんまもんのやつ)、当時はまだ対処する術を知らず、半泣きの状態でただその言葉を受け入れるしかありませんでした。
大沢逸美さんも相当ショックだったようで、「ぶっちゃけ大っ嫌いでした」と言われた後、数秒間黙りこんでしまいましたもんね。
あれは見ていて辛かったです。
今さら言ったところで何になるんだろうと。
それに、杉浦さん、あなたには大沢逸美さんよりも会うべき人がいるでしょうよ。
森川美穂さんという人が。
Twitterを見ていても、杉浦さんより大沢さんに同情的で、大沢さんの対応が大人だったと書いている人が多かったです。

このテレビ番組を見てから、無性に大沢逸美さんのアイドル時代の曲が聴きたくなり、久しぶりに動画サイトで聴いてみました。
取りあえず僕が知っているのは、デビュー曲の「ジェームス・ディーンみたいな女の子」とセカンドシングルの「キリキリ舞い」だけなので、この2曲を聴いてみました。
すると、驚きの発見が。
「ジェームス・ディーンみたいな女の子」って、同性愛をテーマにした曲じゃん。

大沢逸美さん『ジェームス・ディーンみたいな女の子』の歌詞

びっくり。
今まで全然気付かなかった…。
もともと僕の場合、曲先行で耳に入ってきて、歌詞はあんまり気にしないところがあるんですけど、この曲もほとんど歌詞の意味を考えたことがなかったです。
そっかー。だから男装の麗人みたいな格好で歌っていたのか。
アイドルのデビュー曲がこれって、結構冒険したんですね、ホリプロさんは。

そういえば、ゲイをテーマにしたアイドルソングって見かけませんよね。
やっぱりリスクが大きいからなのかな。
そういうアイドルがいてもいいと思うんだけどな。
僕の理想としては、スポーツをやっていてさわやかなノンケっぽい子に歌ってほしいな。
しかも、べっちょりした曲ではなくて、さらっとした曲をさわやかにあっけらかんと歌ってほしい。
歌もある程度は上手い方がいいです。
ただ、そういう歌を唄ってほしい男性アイドルが最近はなかなかいないんですよね。
ジャニーズはダメ。意外性がないし、全体的に線が細すぎる。
僕の理想としては、デビュー当時の宮下直紀くんがいいんですけど。
赫いわななきにも書かれていますが、デビュー当時の宮下くんは「汗」しかも「汗臭さ」がテーマになっていて、僕としてはそれがたまらなく好きだったのです。
しかも、歌が上手でさわやか(赫いわななきでは歌の評価は厳しいですが、僕は上手だと思います)。
おーい、どこかにいませんかー、ゲイをテーマにしたアイドルソングが歌える逸材は?
――シーン。
そりゃそうですよね、いませんよね。
でも、このジャンルは未開拓ゾーンなので、売り出し方によっては結構イケるかも。

ハッ!!
なんでこんなに熱く語ってるんだろ。
大沢逸美さんの話からだいぶ逸れてしまいました。
大沢逸美さんのセカンドシングル「キリキリ舞い」も久しぶりに聴きましたけど、結構好きですねー。

大沢逸美さん『キリキリ舞い』の歌詞

特に、サビの直前。
歌詞では、

slow slow slow quick quick
slow slow slow quick quick quick…

(大沢逸美さん「キリキリ舞い」の歌詞から引用させていただきました)


となっていますが、実際は

スロ~スロ~スロ~クイッククイック
スロ~スロ~スロ~クイッククイッククイック
クィクィクィクィクィクィクイック


ですからね。
クイックの「ック」を言う暇がないところにキリキリ舞いっぷりが表れていて好きです。

最後に、剛力彩芽が大沢逸美さんに似ているなんて言うのやめてーーーーーっ!
全然似てないんだからねっ!

(当ブログ内の関連記事)
ジェームス・ディーンみたいな女の子 大沢逸美
韓国ドラマ「韓国版 花より男子~Boys Over Flowers」


大沢逸美 ゴールデン☆ベスト大沢逸美 ゴールデン☆ベスト
大沢逸美

テイチクエンタテインメント 2012-01-11
売り上げランキング : 80748

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

STADIUMSTADIUM
宮下直紀

コロムビアミュージックエンタテインメント 2009-10-19
売り上げランキング : 1028058

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

恵方巻き・訳ありバウムクーヘン・デジタルカメラ

2013.02.04 
今回は「探偵!ナイトスクープ」の小ネタ集みたいになってしまいそうですが、取りあえず「写真をたくさん載せるぞー!」ということを目標に記事を書きます。

昨日(2月3日)は節分でしたね。
わが家では、柊の枝に鰯の頭を刺したものを玄関に飾ったり、豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりしました。
中でも気合いが入っていたのが恵方巻き。
いつもなら節分の日の夕方に慌ててスーパーに買いに行く感じなのですが、今年はなぜか1月中旬には予約を済ませ、満を持して節分を迎えました。
ちなみに、予約をしたのは「わが家では評判が高い」スシロー。

← 向かって左が海鮮キンパ太巻(サーモン・えび・玉子・新香・きゅうり・ごま・ごま油・マヨネーズ)、向かって右が上太巻(うなぎ・えび・玉子・高野豆腐・かんぴょう・きゅうり・えびおぼろ)

健康おたくの僕としては、添加物とかが気になったので、予約前にスシローにメールで問い合わせてみました。
それによると――

【上太巻】
原材料:のり・しゃり・かんぴょう・高野豆腐・出し巻き玉子・きゅり・えび・うなぎ・えびおぼろ(魚肉すり身・えび・卵白)
 
調味料:米酢・食塩・昆布だし・醸造調味料・糖類・砂糖・醤油・みりん・調味料(グルタミン酸・アミノ酸)・醤油・出し(宗田節・サバ節・煮干し・水あめ・香辛料)・発酵調味料・食酢・酒・椎茸だし

添加物:着色料(カラメル・アナトー)・酸味料(クエン酸・フィチン酸・乳酸・酢酸Na)・酒清・増粘剤(加工でんぷん・増粘多糖類)・ソルビット・紅麹色素・ポリリン酸Na・ピロリン酸Na


海鮮キンパ太巻の添加物も教えてほしかったのですが、なぜか回答は上太巻だけでした。
それでも、迅速・丁寧に教えてくださったので、感謝していますスシローさん。
気になる添加物もあったのですが、結局そのままスシローで予約しました。
どちらも美味しくいただきましたが、上太巻は甘辛くて僕にはちょっと味が濃すぎたかな。
あと、うなぎの生臭さも気になりました。

最近は恵方巻きのスイーツ版「恵方ロール」も登場していますね。
恵方巻きを食べた後に恵方ロールも食べようかと画策したのですが、ある事情で断念。
というのは、数日前に あるスイーツを買ったからなんです。
それは、パスコの「訳ありバウムクーヘン」。
この訳ありバウムクーヘンを買った理由は、話せば長い(←いやいや、大して長くない)。

このブログで「ケーキが食べたい!」だの「デザートメニューを全制覇してやる!」だの書いているので、僕は相当な甘党だと思われているかもしれませんが、実際はさほどでもありません。
あんこ系の和菓子は大の苦手ですし、おかきやあられなどの塩辛いものも大好きだったりします。
こんな僕のはるか上を行くのが、ウチの父親です。
正真正銘の甘党で、いい年こいて今でも羊羹一本丸ごと平気で食べるし、ビスケットやクッキーなんかも一気に1袋・1箱食べてしまいます。
甘いものはたいてい好きですが、中でも好きなのが「あんこ」と「カステラ」と「バウムクーヘン」。
あんことカステラは手に入りやすい(どこでも売っているし、比較的安価だし)のでいいのですが、バウムクーヘンはなかなか…。
というのも、父が好きなのはユーハイムのバウムクーヘンなんです。
ユーハイムのバウムクーヘンはほいほいと買えるほど安くないですしねぇ…。
そこで、たくさん食べられてそこそこ安いバウムクーヘンはないかと探して見つけたのが、この「訳ありバウムクーヘン」だったのです。
たぶん、扇バウムの訳あり品なのではないかと推測しています。
この訳ありバウムクーヘンは人気があるらしく、毎週木曜日AM10:00頃から「3週後の(月)~(金)発送分の受付」が開始されます。
お一人様2個までということなので、当然2個注文しましたよ^^
届いたのがこれ。



↓中身はこんな感じ(約1kg・23個入り)



届いてから数日が経ちますが、父はもう1箱(23個)食べ切りそうな勢いです。
こ、こわい…。
僕も何個かいただきましたが、思ったよりも美味しかったです。
レビューを見ると、甘すぎるだのパサついているだの、かなり厳しいことを書いている人がいたので結構心配だったのですが、実際は全然そんなことないです。
何だろ、あのレビューは必ず悪いことを書かなければいけないと思っている人がいるのかな。
フォンダン(外側の白い部分)は砂糖なので、確かにそれなりに甘いです。
ただ、甘すぎるなんてことはありません。
よくユーハイムのバウムクーヘンの外側の白い部分を砂糖だと勘違いしている人がいるけど、あれはホワイトチョコレートコーチングだからね。
ユーハイムのバウムクーヘンのつもりであの白い部分を食べたら、そりゃ甘く感じるわな。
とにかく、僕としては「訳ありバウムクーヘン」も十分美味しかったです♪

さてさて、今回は頑張ってたくさんの写真を載せていますが、いつもはほとんど写真を載せないですよね。
それはなぜでしょう。
その理由は、融通の利かないデジタルカメラを使っているから。
僕が使っているデジタルカメラはこれ↓

← 普段ほとんど使わない携帯のカメラで撮影しました。ボケまくり。

このデジカメは2000年頃に購入した富士フイルム FinePix2900Zという機種です。
撮影性能に関してはまったく問題ないのですが、13年も経つといろいろとガタが来ています。
まず、バッテリー(充電池)が充電できなくなりました。
買い替えようにもバッテリー自体がすでに販売終了状態で買えません。
また、正規品ではない互換品のバッテリーは怖くて使えません。
仕方なく、ACアダプターで電源確保して撮影しています。
つまり、コンセントが近くにない場所では撮影できません…orz
そして、デジカメ向かって左側の黒い部分。
いわゆるグリップラバーなのですが、劣化(加水分解)してネチャネチャしています。
直に触ると黒いものが指にべっちゃりと付いてしまうので、紙を挟み込んで使っています。
ネットで調べたところ、無水エタノールを使って拭き取るとネチャネチャがなくなるらしいのですが、そんなの怖くてできません…。

こんな感じで非常に融通の利かないデジカメなので、屋外で写真を撮ったりすることはほぼ不可能なんです。
これでこのブログに写真が少ない理由が分かっていただけました?
融通が利かないとはいっても愛着はあるので、今後もこのデジカメを使っていくつもりです。




人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

| ホームへ |
カテゴリー
雑誌・本・DVD・CD

NO LIMIT: TSUJIMOTO
辻本達規くん

プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT
村田諒太くん

スポンサード リンク
スポンサード リンク

月別アーカイブ