2013年03月

  1. 着実におっさん化現象
  2. お寿司が回らない回転寿司




着実におっさん化現象

2013.03.18 
去年あたりから両膝に引っ掛かるような違和感があって、何か嫌だな~と思いつつ何も対策を講じてこなかったのですが、今年の3月に入ってから悪化。
夜ベッドに入ると膝がうずき、日常生活でも時々膝が痛むのです。
膝の上が痛かったり、膝の内側が痛かったり、膝の下が痛かったり、その時々で場所は異なります。
さらに、膝が痛くなって間もなく、今度は右足がしびれるようになりました。
お尻から太ももの裏、膝、ふくらはぎにかけて、正座した後のようなしびれた感じがするのです。
これって、絶対腰に原因がありますよね~。

実は(前にも記事のどこかで書いた気がしますが)、僕は側湾症で背骨がS字型に曲がっているのです(左右だけでなく前後にもねじれている)。
こうなってしまった原因には心当たりがあります。
小さい頃、勉強する時に左ひじをつきながら大きく左に傾いた姿勢で勉強していたのです。
今では考えられないのですが、当時は勉強が大好きで、暇さえあれば漢字を書いたり本を読んだりしていました(今はサボることしか考えていない…)。
きっとあの姿勢の悪さが原因だと思うんですよね。
小学校6年生の頃、自分のレントゲン写真を見て驚愕し、慌てて整形外科に行ったのですが、先生は「重たい荷物を持ったりしなければ、大丈夫なんじゃない」的な軽い対応だったので、「そんなものか」と思ってその後は病院に行っていません。
ただ、腰痛がひどい時は接骨院に行ったりカイロプラクティックに行ったりはしていました。
特に接骨院の治療が合ったのか、その後腰痛は治まりました。
しかし、10年ほど前からたまに左足太ももの前側にギュイーンという鈍痛を感じるようになりました。
そのギュイーンは1~2分で治まりますし、数日に一回、少ない時では数カ月に一回の頻度なので、それほど気にしていませんでした。
でも、このギュイーンも腰から来ていることは明らかでした(ギュイーンとなる時、腰の左側も少し痛い)。

で、この左足太ももの痛みに、今回膝の痛みと右足のしびれとが加わったわけで…。
日々おっさん化しているのを実感する毎日でございます。
側湾症といっても、外見は普通なので(見るからに歪んでいるということはない)今まで見て見ぬフリをしてきましたが、そろそろきちんと向き合わないといけないのかもしれません。
――といっても、側湾症は治療の方法がないに等しいんですけどね。

取りあえず、右足のしびれを何とかしたい。
立っている時はいいんですけど、椅子に座っているとジンジンしびれてくるんです。
何かいい方法はないかと考えていたら、ある本が家の中にあったのを思い出しました。
それは「自力整体法」という本で、家族が脊柱管狭窄症になった時に購入した本でした。
簡単な体操で、筋肉のちぢみ・骨盤のゆがみ・筋肉のゆるみを解消するというもの。
で、それが解消すれば、足・腰・膝の痛みもなくなるそうなんです。
ふーん(←半信半疑)。
ま、以前家族に付き合ってやってみたことがあったので、今回もやってみることにしました。
いざやってみたら、あら大変。
以前は楽にできた体操ができなくなってる~。
体が硬くなってる? 肉体の衰え? おっさん化?
体の柔らかさが自慢だったのに…。
でね、この自力整体法の体操って、やたら正座してやるものが多いのよ。
膝が痛い時に正座するなんて、こんな恐ろしいことがありましょうか。
でも、本に書いてある通りにやらないと意味がないし…。
結局、「ま、いいか。膝のことは気にしない気にしない」と自分に言い聞かせて、ひと通り体操をやり、その日は寝ました。
次の日の朝起きてみると、びっくり。
足が軽いのです。
今までは朝起きても足がだるくて仕方なかったのですが、まるで老廃物が流れ出たかのようにすっきりしていたのです。
これでちょっと「自力整体法」を見直しました。
その後も体操を続けていますが、今のところ足のしびれと膝の痛みは一進一退という感じです。
ただ、その本に「椅子に座る時は膝を開かない」と書いてあったので、その通りにやってみたら、たしかにしびれが軽減しました。
これが一番の収穫かも^^
あと、寝る前に体操をするのが最適だと書かれているので、その通りにしているのですが、この体操って一通りやるのに90分~120分くらいかかるんですよね。
夜0時にはじめたら、終わるのは深夜2時前。
健康になるためにやっている体操で睡眠時間を削るという、訳の分からないことになっています(^^;)

ちなみに、この「自力整体法」という本、その後どんどん新しいバージョンのものが出版されているようです。
新しいバージョンとどう違うのか気になりますが、取りあえず家にある本(最初のバージョン)の体操を続けてみようと思っています。

足腰、ひざの痛みを治す自力整体法 (健康双書)足腰、ひざの痛みを治す自力整体法 (健康双書)
矢上 裕

農山漁村文化協会 1999-10
売り上げランキング : 369576

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

お寿司が回らない回転寿司

2013.03.04 
はじめに書いておきますけど、回転寿司の記事ばっかりでごめんなさいね。
家族で外食をすると、多数決でいつも回転寿司になっちゃう。
少し前は、ビュッフェレストランばかりだったけど。

10年くらい前、親が一年に3回も車で事故を起こしたことがありました。
一年に3回はさすがに多すぎます。
これはただ事ではないと感じた私たち家族は、神社で車のおはらい(交通安全祈祷)を受けることにしました。
それまでは神社に初詣でにさえ行ったことがないのに、何と虫のいい話でしょう。
ネットで調べて見つけた神社に車で1時間半かけて行き、無事交通安全の祈祷をしてもらうことができました。
最初は気休め程度のつもりでしたが、それ以来パタッと事故を起こさなくなり、今では毎年交通安全の祈祷を受けに行っています。

その祈祷を受けた帰りに家族で外食をするのが一年の楽しみになっていまして、今までは前述の通りビュッフェレストランに行くことが多かったのですが、去年と今年は回転寿司の「海へ」というお店に行きました。

廻転すし 海へ

このお店、いちおうジャンルとしては「回転寿司」なのですが、お寿司が回らない回転寿司なのです。
どういうことかというと、タッチパネルで注文した寿司のみがレーンでテーブルまで運ばれてくるシステムになっているのです。
そのため、注文をしない限り、レーンがただ回っているだけで、レーン上には何も載っていません。
新鮮なお寿司が食べられるということで僕としては大歓迎なのですが、このシステムはタイミング良く注文し続けないと、テーブルの上に何も食べるものがないという空白時間ができてしまいます。
一方で、一回に注文できる数量に限りがあるので、頃合いを見計らうのがとても難しかったです(去年よりは慣れましたが)。
普通の回転寿司なら、注文と注文の合間に、回っている寿司を取って空白時間を埋めることができるんですけどね…。
僕は注文係だったので、ひたすら注文ばかりしていたような気がします。

食事中にちょっとしたアクシデントがありました。
母がうなぎ蒲焼き(寿司)を注文して待っていた時のこと。
突然、店員さんがすっ飛んできて、隣のテーブルで「これは別のお客様が注文した物ですので」などと説明しています。
どうやら、隣のテーブルの老夫婦が、母の注文したうなぎ蒲焼きを取ってしまったようなのです。
このお店のレーンは、テーブルにお寿司が流れ込んでくる場所以外は閉じられているので(レーン自体はスケルトンで見えるようにはなっている。食べログの写真参照)、レーンからお寿司を取るのはかなり難しいと思うんですけど。
なかなかやるなぁ老夫婦。
いやいや感心している場合ではない。
その直後、店員さんが「お待たせしました。うなぎ蒲焼きでございます」と言いながら、隣のテーブルから持ってきた寿司をしれっとした顔で置いていきました。
えーっ、いったん人が取った物を持ってくるかね?
何か嫌~。
でも、「何か嫌~」と思っていたのは僕だけだったようで、母親は普通に食べてました。
そもそも、隣のテーブルの老夫婦はこのお店のシステムを理解していないようでした。
その後も、僕らが注文した寿司を、獲物を狙うハンターのような目つきでじーっと見てました。
このお店のシステムを教えてあげた方がいいのかも、とも思いましたが、徐々にお店のシステムが理解できたようで、しばらくするときちんとタッチパネルで注文していました。
良かった良かった。

今回僕が食べたのは――

海へ海鮮サラダ
海へづくし
寒ぶり
生あじ
とろづくし
カルパッチョ3貫
あん肝
まぐろネギ塩炙り
うなぎチーズ
ワッフルチョコバニラ
ミルクプリン


でした。
最近、テレビや雑誌などで、「野菜を最初に食べるようにすれば、ダイエットに効果がある」なんてことがよく言われているので、早速僕も実践。
ということで、回転寿司屋に行ってもまずはサラダから。
ところで、あまりたくさん食べていないでしょ?
これには理由があります。
ミルクプリンを食べている時点でまだ腹6分目くらいだったのですが、うっかりそのプリンをコートにこぼしてしまったのです。
そのコートは買ったばかりで、その日初めて着たんです。
着心地が良くてお気に入りだったのに、いきなりプリンをこぼしてしまうなんて…。
まだまだ食べてやろうと思っていたのに、意気消沈。
一気に食欲がなくなってしまいました…。
まぁでもこれくらいで良かったのかも。
ここは値段均一ではないので、結構高くついちゃうんですよね。

では最後に、今回のお店「廻転すし 海へ」で感じたことを書いておきたいと思います。

・全体的にネタがクタ~ッとしている(決して古いわけではないと思いますが、プリッとした新鮮な感じがあまりない)
・お皿の柄がハゲかけていて印象が悪い(何か清潔感に欠ける)
・タッチパネルの反応が悪すぎる(去年も悪かったけど、今年も悪かった)
・デザートの種類が少ない(ぜひもっと増やしてほしい)
・牛乳びん風の容器に入ったミルクプリンが食べにくい(ほぼ八つ当たり^^)

P.S. プリンをこぼしたコートは、一回しか着ていないのにクリーニングに出しました…orz



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

| ホームへ |
カテゴリー
雑誌・本・DVD・CD

NO LIMIT: TSUJIMOTO
辻本達規くん

プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT
村田諒太くん

スポンサード リンク
スポンサード リンク

月別アーカイブ