2013年11月

  1. 壊れゆく家電
  2. わが家の浄水器(シーガルフォー)




壊れゆく家電

2013.11.25 
世間一般ではよく「ソニータイマー」という言葉が使われますが、わが家では「パナソニックタイマー」に悩まされてきました(このことについては、今までに何度かこのブログで記事を書いたことがあります)。
懇意にしている電器店がパナソニック系のお店だったので、わが家にはたくさんのパナソニック(ナショナル)製品があるのですが、どの製品もほぼ共通した特徴を持っています。
それは――

購入してから程なくして故障や不具合が出てくるが、それは致命的なものではなく、我慢して使えば何とか使える程度の故障・不具合である

という特徴。

具体的に例を挙げれば、

【炊飯器】
炊飯中、フタと本体のすき間から湯気が噴き出てくる。

【掃除機】
スイッチを入れてもまったく吸引力がない。
スイッチを最強(パワフル)にすれば吸引力が出てくるので、「弱」「中」「強」で掃除したい場合はまず「パワフル」にしてから切り替える必要がある。

【電子レンジ】
時々、チンしてもまったく温まらないことがある。
庫内が高温なわけでもないのに、やたら「高温」という表示が出て、作動してくれない。

【エアコン】
使用中、風の吹き出し口から水が飛び出してくる。

【照明器具】
リモコンでしか動かない(スイッチもヒモもない)照明器具なのに、リモコンの反応が悪く、点けたり消したりするのに時間がかかる。

【洗濯機】
脱水中、片寄ってもいないのにすぐに片寄り検知機能が働き、脱水中断→注水→すすぎ→排水→脱水→脱水中断 の無限ループ。
いつまでたっても洗濯が終わらない。

【インターホン】
通話中、ブーンという雑音が入る。
1階のインターホンは普通に通話ができるが、2階のインターホンはこちらからの声が相手に伝わらない(相手の声は聞こえる)。
夜中、勝手にピンポーンと鳴る。


ざっとこんな感じです(まだまだあるけど)。
中でも深刻だったのが、インターホン。
夜中にピンポーンと鳴るなんて、めっちゃ怖くないですか?
最初は誰かがいたずらでピンポンダッシュをしていると思っていたんです。
で、その現場を押さえてやろうと、ある日こっそり隠れてその時を待ちました。
そうしたら、夜中1時ごろに「ピンポーン」と鳴りました。
「どこのどいつだー!」と外のインターホンに駆け付けてみたら、誰もいません。
その後も夜中にピンポーンと鳴るたびにモニター画面を見たり外に駆け付けたりしましたが、いずれも誰もいませんでした。
ネットで調べてみたら、同じような経験をしている人が結構いて驚きました。
原因としては、

・本体の故障
・雨水や虫が本体に入り込んでいる
・トラックやタクシーの無線に反応する

などが考えられるそうですが、ウチもこうしたことが原因で勝手に鳴っているのかもしれません。
だけど、無線に反応している場合はどうしようもないですよねぇ。
昨年(2012年)の夏頃は毎晩のように鳴っていましたが、最近はあまり鳴らなくなりました。

僕個人が使っている家電も、いろいろと不具合・故障が多いです。
最近は、不具合・故障を抱えながら使ってきた家電がいよいよ壊れることが多くなりました。
ここのところ僕を悩ませているのが、テレビ(ソニー製)と電気シェーバー(ナショナル製)。
テレビは2001年に購入したものなのですが、最近画面が緑がかるようになりました。
全体が緑色なので、何とも気持ち悪いです。
使い始めて12年がたっていますので、そろそろ壊れてしまうのかなぁと思っています。
一方の電気シェーバーは僕が大学生の頃に使い始めたものなので、もうかなりの年数使っています。
もちろん、この電気シェーバーも他のパナソニック(ナショナル)製品と同じく、さまざまな不具合・故障を抱えていました。

・充電池がダメになって、電源コードで使っている
・表面の金属がはがれてきて、皮膚に刺さる
・スイッチを入れても動かない時がある

などなど。
最近はスイッチを入れても動かない頻度がどんどん高くなり、スイッチと5分くらい格闘してようやく「ウ…ウ…ウィィィィン」と動くことが多くなりました。
これでは毎朝のヒゲそりが不安で仕方ないので、重い腰を上げて新しい電気シェーバーを買うことにしました。
電気シェーバーの3大メーカーといえば、パナソニック・フィリップス・ブラウンでしょ?
もうパナソニックは嫌なので、フィリップスとブラウンの二択。
結局、深剃りに定評のあるブラウンを選びました。
買ったのはこれ↓



Amazonでキャンペーンをやっていたので(洗浄液3個入りが無料で付いてくる)、Amazonで購入しました。
最近の電気シェーバーはドデカい洗浄器が付いてくるんですね。
洗面所で置き場所を作るのにひと苦労しましたよ。
まだ恐る恐る使っている状態なのでよく分かりませんが、剃り味はまずまずですし洗浄器できれいになるので満足しています。
ただ、洗浄時の音の大きさにはびっくりしますけどね。

ちなみに、今まで使っていたナショナルの電気シェーバーは捨てていませんよ~。
ヒゲ以外のムダ毛剃りに使おうかなぁと思っています。

ブラウン シェーバー シリーズ7 【アルコール洗浄システム(乾燥機能搭載)】 750cc-7 [HTRC3]ブラウン シェーバー シリーズ7 【アルコール洗浄システム(乾燥機能搭載)】 750cc-7 [HTRC3]

Braun (ブラウン) 2013-07-27
売り上げランキング : 199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

わが家の浄水器(シーガルフォー)

2013.11.11 
わが家では、シーガルフォーという浄水器を使っています。
母が大病を患った時(2001年)に、かなり無理して買いました(カタログハウスの通販生活で)。
当時、トリハロメタンという物質の有害性について取り沙汰されていて、「病気の母親にそんな水を飲ませるわけにはいかない」という理由で浄水器を買ったんです。
なのに、最近トリハロメタンのことがあまり話題にならなくなりましたね。
何でだろ。

シーガルフォーは高い買い物でしたが、水は美味しいし安全性も高いので、とても満足していました。
しかし、忘れていることがありました。
浄水器って買って終わりじゃないんですよね。
カートリッジを定期的に交換しなければならないのです。
このカートリッジがまた高い!
高い浄水器を買うと、カートリッジも高いんですね。
当たり前のことですが、買って初めて気付きました。
最初こそマニュアル通り1年4カ月たったらカートリッジを交換したのですが(ちょうどその頃、カートリッジが目詰まりして浄水が出なくなったので)、その後は浄水が出なくなることはなかったので、だんだん交換時期が延びていきました。
その後は数回交換したかなぁ(うろ覚え)。
2001年に購入して、今年2013年。
カートリッジを交換したのは数回。
お察しください(苦笑)。
いや、分かっているんですよ。
早くカートリッジを交換しないといけないってことは。
でも、カートリッジが高いんだもん。
ついつい先延ばしになってしまうんです。

で、先日、久しぶりにカートリッジを交換することにしました。
だいぶ浄水の流量が落ちてきて、ちょろちょろとしか出なくなってきたので、ある意味必要に駆られての交換です。
ただ、カートリッジ交換が久しぶりすぎて自分がどの型のシーガルフォーを使っているか分からなくなってしまい(だって本体に型名が書いてないんだもん)、通販生活に問い合わせてしまいましたよ。
それによると、わが家のシーガルフォーは X-D21という型で、5トン用のカートリッジを購入すればよいとのこと。

↓これがわが家のシーガルフォー


ムダにモザイクを入れてみました(諸般の事情で^^)。
カートリッジ交換をサボっているからといって決して本体を粗末に扱っているわけではないんですよ。
とても大切に使っています。
カバー代わりにポリ袋をフワッとかぶせているので、本体は汚れもサビもほとんどなくて、とてもきれいです。
カートリッジは通販生活で購入。
16,590円(税込)+ 600円(送料)=17,190円。
う~ん、高い。

数日でカートリッジが届いたので、早速交換することにしました。
正直、中を見るのが怖い…。
意を決して、本体をカパッと開けてみたところ、予想通りの汚れっぷり。

↓新品のカートリッジと取り出したカートリッジを並べてみました。


き、汚い…。
なんかヌルヌルしてるし…。

↓浄水器の中にたまっていた水。


なんか浮いてる~!
怖いよ~!
(注:この水はカートリッジを通る前の水なので、これを直接飲むことはありません、念のため)

シーガルフォー様、こんな怠慢極まりない使い方をしてごめんなさい…。
やっぱりきちんと交換時期を守ることが大事ですね。
反省…。

これだけ汚れていると、カートリッジだけを交換して完了!というわけにはいかないですよね。
でも、本体を洗剤で洗ってもいいのかなぁ。
――と思っていたら、こんな動画がありました。



おぉ、本体を洗剤で洗っているではないですか。
シーガルフォー正規代理店「グランドデュークス東海」さんの動画なので、信頼できます。
というわけで、僕も中性洗剤で本体&部品を丁寧に洗いました。
最後にカートリッジを取り付けて、交換完了!

交換後に浄水を出してみたら、流量のすごいこと!
ちょろちょろとしか出ないことに慣れてしまっていたので、こんなに勢いよく出ることを忘れていました。
これでしばらくは快適に使えそうです。

最後に、使用済みのカートリッジは不燃ゴミとして出すことができますが、カタログハウスに送って無害化処理してもらうこともできるので、できるだけ送るようにしています。
ただ、送料負担なのが痛い。
着払いで送ることができればいいのに。




人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

| ホームへ |
カテゴリー
雑誌・本・DVD・CD

NO LIMIT: TSUJIMOTO
辻本達規くん

プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT
村田諒太くん

スポンサード リンク
スポンサード リンク

月別アーカイブ