2016年03月

  1. ロキソニンの副作用
  2. フェイジョア・ブルーベリーの剪定




ロキソニンの副作用

2016.03.28 
先日、ロキソニンの「使用上の注意」が改訂され、副作用の欄に

小腸・大腸の狭窄・閉塞(吐き気・嘔吐、腹痛、腹部膨満等があらわれる)


という文言が加わりました。

ある程度胃腸に負担をかけるお薬だとは聞いていたので、こういう症状が出てしまう人もいるのでしょうね。
僕は市販の風邪薬を飲むとすぐに胃が荒れてしまうくらい胃が弱いので、ロキソニンを飲む時も慎重を期して、食後にセルベックス(胃薬)と一緒に飲むようにしています。
そのおかげか、もう20年くらい飲んでいますが、胃が荒れたことがありません。
以前、親知らずを抜いた時に「麻酔が切れる前に飲んでください」と慌ててロキソニンを飲まされたことがあったのですが、この時はほぼ空きっ腹(ウイダーインゼリーだけは飲んだ)に服用しましたが、胃は荒れませんでした。
人によって相性の良い薬・悪い薬ってあるんですかね。
僕の場合は、先ほども書きましたが市販の風邪薬との相性が最悪です。
1日3回、1回3錠服用の薬があったとすると、最初に3錠飲んだ時点でもう胃が悲鳴をあげます(苦笑)
で、2回目の服用が不可能に…。
毎回こうなので、最近は1回3錠のところ、2錠にしたり1錠にしたりしています。
ちなみにこの風邪薬、

15歳以上 1回3錠
11~14歳 1回2錠
5~10歳 1回1錠

なので、僕はお子ちゃまだということになりますねー。
「見た目は大人、胃腸は子供」
どっかで聞いたセリフ(笑)

ロキソニンの話に戻ります。
僕は片頭痛の時にロキソニンを飲んでいまして、最初は効果が劇的で、飲んで15分もすればスーッと頭痛が治まってきました(後頭部から前に向かって痛みが取れ始め、最後は目の奥の痛みが取れて片頭痛が治まる)。
ところが、10年くらい前からだんだん片頭痛に効かなくなってきました。
乱用しないように、1カ月10錠以内(実際には多くても月に4~5錠だった)を守って飲んできましたが、長年飲み続けると効果がだんだん薄れてくるんですかね。
片頭痛の時はロキソニン以外にトリプタン製剤(レルパックス)も飲んでいて、両方で1カ月10錠以内に収まるようにやりくりして飲んでいたんですけどね。
ただ、トリプタン製剤(レルパックス)はすご~くお高いので、ホイホイと飲めるお薬ではないのです。
なので、ついロキソニンに頼ってしまうことに。
そのロキソニンが効かなくなったことは僕にとって大ショックでした。
他の市販の頭痛薬はほぼ効かないですし…。
その後は漢方薬を試してみたり、「ぜ~んぜん頭は痛くないよ」と自分に言い聞かせる「思い込み作戦」をやってみたりかなり迷走しましたが、ほとんど効果はありませんでした。
ところが、昨年あたりからまたロキソニンが効くようになってきたのです。
なぜなのかは分かりませんが、片頭痛に効いてくれるのはとてもありがたいことなので、最近はまたロキソニンとトリプタン製剤(レルパックス)の併用でやりくりしています。
以前と比べると片頭痛の回数が減ってきたので、薬を飲む回数も減ってきています。
お医者さんから「動脈硬化で血管が硬くなると片頭痛はなくなりますよ」と言われたことがあるので、片頭痛が減ったら減ったで怖いんですけどね(苦笑)

実は昨年辺りからすごく忙しくなって、睡眠時間が3~4時間というのが続いているのですが、なんか睡眠時間が減ってから片頭痛の回数が減ったような気がするのです。
普通睡眠不足だと片頭痛になりそうなものですが、なぜか朝起きても頭が痛くないことが多い…。
以前8時間くらいたっぷり寝ていた時は、朝目覚めるとすでに片頭痛ということが多かったのに…。
今までは寝すぎていたのかなぁ。
寝すぎても片頭痛になると言いますしね。
自分に合った睡眠時間がどれくらいなのか知りたいです。

では最後に、どうしても言いたいことが。
ロキソニンと一緒に飲んでいるセルベックスというお薬なのですが、カプセルの半分がどぎつい緑色をしているんです。
あれって合成着色料ですよね…。
普段の食生活では合成着色料が使われたものは一切口にしないのですが、まさかお薬に使われているとは。
薬を飲むことで病気になりそうな気がするわ(笑)
ま、気にしない人は気にしないんでしょうけど。
せめて、天然色素か何かにしてくれませんかね。



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

フェイジョア・ブルーベリーの剪定

2016.03.14 
3月に入って、「やらなきゃ、やらなきゃ」と思っていたフェイジョア・ブルーベリーの剪定を昨日やっとやりました。

現在、ブルーベリーは地植え1株&鉢植え9株を育てているのですが、品種はすべてサンシャインブルーです(サンシャインブルーは自家受粉してくれるとてもありがたい品種)。
サンシャインブルーはあまり大きくならない品種なので、ほとんど剪定はしないのですが、古くなった枝は取り除くようにしています。
ブルーベリーって面白くて、長い間花を咲かせ実を成らせている枝はだんだん勢いがなくなってきて枯れ込んでくるんです。
で、それに取って代わるように、地際から勢いのある枝がまた伸びてきます。
いわゆる「代替わり」っていうやつですね。
ところで園芸では、地際から勢いよく伸びてくる枝のことを「シュート」といい、株から少し離れたところから生えてくる枝を「サッカー」っていうんです。
なぜ、シュートやサッカーなんていう言葉が使われているんでしょう。
この園芸用語の由来を知っている人がいたらぜひ教えてほしいです。

一方、フェイジョアはなかなか剪定の難しい果樹です。
フェイジョアは地植え2品種&鉢植え11品種=計13品種を育てています。
剪定には主に「切り戻し剪定」と「間引き剪定」があるのですが、育て方の本とかを見ると、必ず「フェイジョアは間引き剪定を中心に」と書かれています。
う~ん、間引き剪定中心なのは最初の1~2年くらいじゃないのかなぁ…。
植え付けてから10年以上経っているので、もう今は間引き剪定より切り戻し剪定中心になっています。
間引き剪定中心にしていると、どんどん枝が徒長しちゃってダラーンと下垂しちゃうんですよね。
そうなる前に切り戻した方がいいと思います。
ちなみに、ウチは親が「樹高を高くするな」(「樹高を高く」って使い方、大丈夫なのかな。「頭痛が痛い」みたいな気がするけど)とかなりうるさく言ってくるので、毎年フェンスより少し高めの位置になるように剪定しています。
いや、剪定というよりは刈り込みに近いかも。
いちおう、枝ごとに考えて切ってはいますけど。

剪定は2時間くらいかけて何とか終了。
自分としては、かなり思い切って剪定したつもりですけど、あらためて見てみたらさほど変わってませんでした(笑)
ま、でも、かなりすっきりした気はします。

ところで、ここ数年、鉢植えのフェイジョアがあまり元気がありません。
原因は分かっています。
たぶん、ポットバウンド(根詰まり)。
もうだいぶ植え替えていませんからねぇ…。
スリット鉢のスリット部分も裂けてきたし…。
ただ、もうこれ以上大きな鉢に植え替えるわけにはいかないので、もし植え替えるとしたら同じ大きさの鉢になると思います。
鉢を新しく11個そろえるだけで10000円以上かかるし、用土も買わなきゃいけないし、内側に敷く不織布(スリットから土が出ないようにするため)も買わないと…。
そんなお金がどこにあるというのでしょう。
一昔前の自分、お金持ちだったのね(遠い目)。
それに、今はかなり忙しくなって、園芸にいそしむ時間もなくなってしまいました。
でも、このままではいけないので、できるだけ早く植え替えてあげようと思っています。
ちなみに、家に植わっているツバキ・サザンカ・松(毎年毛虫が大量にわくトップ3)を切って鉢植えのフェイジョアを地植えにしようと家族に提案したら、一蹴されました(笑)
果実が美味しくて家族にも評判のいいポポーはいろいろと大目に見てくれるのですが、フェイジョアは家族にはあまり評判がよくないので、ちっとも大目に見てくれません。
とにかく当たりが強い(苦笑)
フェイジョアだってすごく美味しいのに、なんであの美味しさを分かってくれないのだろう。
いつかフェイジョアたちが日の目を見る日が来ますように。

剪定もよくわかる おいしい果樹の育て方 (池田書店の園芸シリーズ)剪定もよくわかる おいしい果樹の育て方 (池田書店の園芸シリーズ)
三輪正幸

池田書店 2014-03-14
売り上げランキング : 156671

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

| ホームへ |
カテゴリー
雑誌・本・DVD・CD

NO LIMIT: TSUJIMOTO
辻本達規くん

プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT
村田諒太くん

スポンサード リンク
スポンサード リンク

月別アーカイブ