2016年05月

  1. イ・ジェジュンくん ――韓国ドラマ「The Lover」――
  2. GW(ガーデニングウィーク) 2016




イ・ジェジュンくん ――韓国ドラマ「The Lover」――

2016.05.23 
「何か面白いドラマないかなぁ」と思って動画サイトで見つけたのが、「The Lover」という韓国ドラマ。
この「The Lover」は4組の同棲カップルが繰り広げるラブコメディなのですが、その中でも大注目なのが男性カップルのジュンジェ&タクヤ。
カップルといっても付き合っているわけではなく、二人はルームメイトの関係なのですが、徐々にジュンジェは自由奔放・天真爛漫なタクヤに惹かれ始めて…。

イ・ジュンジェ役を演じているのがイ・ジェジュンくん。
ジュンジェとジェジュン。
ややこしいわー。
学生時代はバレエをやっていたそうで、その後モデルを経て俳優になったそうです。

◆ イ・ジェジュンくんのプロフィール

生年月日:1990年10月20日
身 長:188cm
出身校:世宗大学舞踊学科

一方、タクヤ役を演じているのは寺田拓哉くん。
CROSS GENE(クロス ジン)のメンバー「TAKUYA」として韓国を中心に活躍しています。

◆ TAKUYAくんのプロフィール

生年月日:1992年3月18日
身 長:188cm
出身地:茨城県守谷市

二人とも188cm!
ドラマの中で二人だけのシーンが続くとつい身長の高さを忘れてしまうんですけど、ご近所さんとかが絡んでくると、「あ、この二人こんなに背が高かったんだ」と驚愕します。

僕は、このドラマを見ていてジュンジェのことがいたく気に入ってしまい、イ・ジェジュンくんのことも大好きになりました。
ジュンジェは、最初のころは「ちょっと内気なさわやか好青年」という感じで、


時にはこんな素敵な肉体も見せてくれていたのですが、徐々にキャラが壊れていきました(壊れたキャラも大好きなので、僕にとっては無問題^^)
それでは、どう壊れていったか見てみましょう。
まずは、壊れかけのジュンジェ。


そして、完全に壊れたジュンジェ。


この動画がツボにはまってしまって、もう何度見たか分かりません(笑)
白目剥くところとか、もう最高(笑)
このシーン、10話の予告編でちょろっと流れていたのですが、残念ながらカットされてしまったようで放送されませんでした。
当初はおふざけ要素が強かったストーリーも後半ではシリアス&胸キュンな展開になっていき、このシーンはそれにそぐわないと判断されたのかもしれません。
でもね、これは鬱積していたジュンジェの心の叫びみたいなものだから、放送しても良かったと思うんですけどね~。
大熱演だったのに、もったいない。
(僕の解釈に間違いがなければ)このシーンの中で、タクヤはジュンジェに「背中を流してよ」と言ってるし、ジュンジェはタクヤに「一緒にシャワーに入ろっか」と言ってますよね。
もういっそのこと一緒に入っちゃえば良かったのに。
そうしたら、もっと早くお互いの気持ちに気付けたのにね。
何せ体は正直だから ̄ー ̄)ニヤリ

ある時、ジュンジェは「タクヤのことが好きだ」という自分の気持ちに気付き、それ以降深く思い悩むようになります。
アロエジェル塗りまくりの動画でも、最初はボーッと考え事をしていたでしょ?
もうずっとあんな感じ。
序盤の雰囲気から、まさかこんな展開になるとは思いませんでした。
11話・12話あたりでは切なくて泣いたし。
まさかこのドラマで泣くとは思わなかったわー。
なんかもうね、ジュンジェの表情が切なくてたまらないのです。
目で表現したり、目で演技できる俳優さんってあまり多くないと思うんですけど、イ・ジェジュンくんはそれができるんですよねぇ。

イ・ジェジュンくんといえば、2014年にも同性愛を扱った映画「夜間飛行」に出演しています。
予告編の動画がこちら。


さて問題です。
イ・ジェジュンくんはどこに出演しているでしょう。
正解は――
「主演の二人のうち短髪の方の男子」でした!
あまりに雰囲気が違うので、びっくりしませんでした?
僕自身、もし何も言われずに見ていたら、たぶん同一人物だと気付かなかったと思います。
どこかの記事で読んだのですが、普段髪を上げているイ・ジェジュンくんが髪を下ろしたところ、マネージャーさんが気付かずに通り過ぎたらしいです(笑)
いつも近くにいるマネージャーさんでさえそうなんだから、僕なんかが気付くはずないわな。
あと、役の振り幅がすごくない?
「夜間飛行」を見た後、すぐに「The Lover」のアロエジェルの動画を見てみて。
さらにジワジワ来るから(笑)
不良役で暴れ回っている彼が、恍惚の表情で白目を剥いている(笑)
なんて素晴らしいんでしょう。
イ・ジェジュンくんはまだ俳優を始めたばかりの新人さんです。
彼のポテンシャルは計り知れません。
なんか、久しぶりに楽しみな俳優さんに出会えた気がします。
すっかりファンになってしまいました。

映画『夜間飛行』のレビュー ―― g-lad xx(グラァド)より

「The Lover」は2015.4.2~6.25に放送されたのですが、その後イ・ジェジュンくんはオーディションで「マイ スイート ホーム ~我が家のはちみつの壷~」というドラマの主役の座を射止めました。
このドラマは韓国で2015.11.2~2016.4.15まで放送されたのですが、視聴率が常に20%を超え、とても好評だったようです。
あ~、こうしてイ・ジェジュンくんもスターになっていくのね。
我が家で見られるチャンネルで放送が始まったら、絶対に見るつもりです。
楽しみ~。

最後に。
影響されやすい僕は、ジュンジェが塗りたくっていたアロエジェルを購入しようと画策中です。
残念ながら、アロエジェルを背中に塗ってあげる相手がいないので、イ・ジェジュンくんを想像しながら自分の体にアロエジェルを塗り、恍惚の表情で白目を剥くことになるでしょう(まさに地獄絵図)。

P.S. 「The Lover」の動画を見ても言葉がまったく分からないという方に朗報。
このドラマを詳しく解説してくださっている方がいらっしゃいます(特に後半)。
すごく分かりやすいので、ぜひ参考に!

CROSS GENE*TAKUYA応援処「やっこの寺子屋」





人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

GW(ガーデニングウィーク) 2016

2016.05.09 
ゴールデンウィークがあっという間に過ぎてしまいましたね。
僕の方はゴールデンウィークだからといって休みがあるわけではなく、いつも通りの生活をしていましたが、空いた時間を見つけてはガーデニングにいそしんでいました。
この時期は何かとやることが多いんです。

ここ数年の悩みの種はマイマイガ。
桜の花が散った後にどこからともなく幼虫(毛虫)が飛んできて、家の植物全般を食い荒らすのです。
そのため、桜の花を見ると「あー、もうすぐマイマイガの季節かー」と憂鬱になるのです。
桜の花を見ると憂鬱になるって、こんな不幸なことあります?
近所の小学校には桜並木があり、そこにマイマイガの卵が大量に産み付けられ、孵化した幼虫が風に乗ってわが家に飛んで来るのではないかと推測しているのですが、事実かどうかは分かりません。
ピーク時には一日に数十匹のマイマイガの幼虫を捕獲することになるので、夜、夢にまで出てきてうなされます(基本的に、僕は虫が超苦手)。
もし今年も大量のマイマイガの幼虫が発生したら、市に 文句を言って お願いして発生源を突き止めてもらい、来年は孵化する前に卵塊の駆除をしてもらおうかと思っていました(可能なら、僕もそのお手伝いをしたいくらい)。

ところが、今年はなぜかマイマイガの幼虫がほとんど飛んで来ないのです。
今までに捕獲したのは、たった2匹。
朝の捕獲の時間が省けてとてもありがたいのですが、何があったのでしょう。
ウチがこれだけ被害があるということは他のお宅でも被害があるということなので、誰かが孵化する前の卵塊を駆除してくれたのかもしれません。
あるいは、長野市が発表しているように、ウチの市でも今年はマイマイガの卵塊がそもそも少ないのかもしれません。
いずれにしても、今年はマイマイガの幼虫が少なくて良かったですが、来年以降も大発生しないように願うばかりです。

それから、もう一つの悩みの種がポポーの人工授粉。
自家結実性のない品種なので、2品種(ペンシルバニアゴールデンとウエルズ)を植えてお互いに人工授粉させているのですが、年々開花時期がずれてきて、いよいよ今年は決定的にずれてしまいました。
先にペンシルバニアゴールデンが開花し、全体が咲き終わった頃にようやくウエルズが咲き始めるといった感じで、ちっともお互いに人工授粉させることができません。
こんなこともあろうかと思って、毎年それぞれの花粉を採取して冷凍保存しているのですが(花粉を冷凍する際は乾燥剤が必須)、冷凍花粉を使ってもなかなか結実してくれないんですよねぇ。
ただ、今年はほぼ完全に開花時期がずれてしまったことで、冷凍花粉を使わざるを得ませんでした。
いつもなら、冷凍した花粉をそのまま雌しべになすりつけるのですが、冷凍した花粉をそのまま使うのはNG(結実しない)という噂を聞き、今年は「慣らし作業」(正確には「慣らし作業もどき」)をしました。
慣らし作業というのは、冷凍した花粉を解凍して温度や湿度に慣らし、発芽率を高めておくことをいいます。
プロの農家の方々がする慣らし作業は難しくてとてもできそうにないので、

冷凍庫→使う前の晩に冷蔵庫へ→使う当日に常温へ

という慣らし作業もどきを行って人工授粉をしてみました。
ちなみに、ポポーの人工授粉が上手くいったかどうかは花が散った後にすぐ分かります。
受精したものはムクムクと起きあがってきて実が膨らんできますが、受精しなかったものはクターっとなって落ちてしまいます。
今まで冷凍花粉をそのまま使っていた時には結実率がほぼ0%だったのですが、今回慣らし作業もどきをしたことでなんと結実率が20~30%くらいになりました。
もっときちんと慣らし作業をすればさらに結実率が上がるのかもしれません。
ポポーの冷凍花粉をきちんと慣らしてから使っている人っているのかなぁ。
もしいるのなら、慣らし作業のコツを伝授してほしいです~。

あとは、肥料をやったり、草引きをしたり、地味な作業が続きました。
パセリやミツバの苗も植えたかったのですが、いい苗が見つからず断念。
シソはこぼれ種でどんどん増えていくのですが、パセリやミツバは連作障害が強く出る(毎年同じ場所で同じ作物を育てるとだんだん育たなくなってくる)ので、こぼれ種があっても育たないんですよねぇ。

種ができた頃に苗を引っこ抜く
 ↓
プランターの土を総入れ替えする
 ↓
引っこ抜いた苗をパタパタはたいて種を落としておく
 ↓
こぼれ種が発芽


というパターンがベストなのかな。
皆さんどうやっているんだろう。
こちらも、コツを伝授してほしいです~。



人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

| ホームへ |
カテゴリー
雑誌・本・DVD・CD

NO LIMIT: TSUJIMOTO
辻本達規くん

プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT
村田諒太くん

スポンサード リンク
スポンサード リンク

月別アーカイブ