2016年11月

  1. インフルエンザワクチンの接種に行ってきました。(2016年版)
  2. 久しぶりの風邪




インフルエンザワクチンの接種に行ってきました。(2016年版)

2016.11.21 
まずは、前記事の続きから。
結局、その後も完全には症状が治まらず、もう一度病院に行って薬をもらってきました。
なかなかしつこい風邪でしたが、何とか1週間くらいで治りました。
久しぶりの風邪&発熱で、体へのダメージが結構大きかったのですが、気掛かりなのはインフルエンザの予防接種。
本当は11月の頭に行くはずだったのですが、今回の風邪&発熱で打つことができなかったのです。
毎回接種前に書かされる予診票 (注:pdfファイルです)には、「最近1ヵ月以内に熱が出たり、病気にかかったりしましたか」という項目があるので、熱が下がってから1カ月後にしかワクチンを打ってもらえないのかなと解釈していました。
ところが、テレビを見ていたら「早くもインフルエンザが流行!」というニュースが!
これはマ・ズ・い。
熱が下がってから1カ月後の12月上旬まで待っていたら、間に合わない可能性があります。
ワクチンを打ってから予防効果が出るまで2週間くらいかかるらしいですし。

慌ててインターネットで調べたら、解熱後1週間ほど経てばインフルエンザワクチンを打つことができると書いてありました。
僕は解熱後2週間経っているので、その情報を信じて急きょ病院へ。
かかりつけの小さな病院とはいえ、1カ月に3回もお邪魔するのは初めてのことで何ともきまりが悪い(苦笑)
恐る恐る先生に聞いてみたら、特に問題なく打ってくれるとのことで、ひと安心。
無事にインフルエンザワクチンを打ってもらって帰ってきました。
以前はインフルエンザワクチンを打つと、打った場所が赤く腫れてすごく痛かったのですが、最近はそれもだいぶマシになりました。
もちろん、今でも赤く腫れるし痛いんですけど、一番酷い時の6割程度という感じです。
ただ、痛くないなら痛くないで、ワクチンの効果が下がってしまっているような気がして複雑です(そんなことはないのでしょうけど)。

こうして毎年インフルエンザの予防接種を受けているんですけど、僕って今までインフルエンザにかかったことがあるんですかね?
少なくとも、医師から「君はインフルエンザだ」と言われたことは一度もないと思います。
なので、タミフル的なものも飲んだことがありません。
以前は、インフルエンザも風邪も一緒くたにされていましたので、風邪だと思っていたら実はインフルエンザだった(知らない間にインフルエンザにかかっていた)ということはあるかもしれませんね。

今月かかった細菌性の風邪で、健康であることのありがたみを身にしみて感じました。
やっぱり健康が一番!



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

久しぶりの風邪

2016.11.07 
11月1日に風邪を引いてしまいました。
もう何年も本格的な風邪は引いていなかったのに…。
父がどこからか風邪をもらってきて、僕がそれをもらうというパターン。
なんか、家族が風邪を家に持ち込むと、ほぼ100%僕に感染ってしまうという…。

最近寝不足が続いていることもあってか、症状はどんどん悪化。
2日の昼くらいまではノドの違和感とちょっと声が枯れた程度だったのですが、2日夕方くらいから急に発熱。
あっという間に38.8℃に。
その頃にはノドも真っ赤に腫れ上がっていました。
市販の風邪薬を飲んでも全然効かないし、熱も一向に下がりません。
何とか眠ろうと思ってベッドで仰向けになったら、腫れたのど○んこ(以下正式名称の「口蓋垂」と書きます)がノドを塞いで危うく天に召されそうに。
寝たら窒息するし、起きていたらしんどいしで、結局椅子に座って一晩を過ごしました。
翌朝、もう我慢できず、ロキソニンを飲みました。
熱を無理やり下げたって意味がないことくらい、きちんと分かっているんですよ。
でも、どうにもしんどくて。
すると、見事に熱は下がり、ノドの腫れも少しだけマシになりました。
しかし、薬が切れてくると、また元通り。
この頃には口蓋垂がさらに腫れ、常に舌と接触している状態になりました。
口蓋垂が舌と接触していると、まったく上手くしゃべれなくなります。
例えると、総入れ歯の人が入れ歯を外してフガフガしゃべっているような状態。
「口蓋垂がこれ以上腫れると、本当に窒息してしまうかも」と思うと怖くなり、病院に行くことにしました。

本当はすぐにでも病院に行きたかったんですが、3日は文化の日(祝日)で病院はお休みなので、4日に行くことにしました。
結局3日の夜もほとんど寝ることができず、次の日の朝病院へ。
僕のノドを見るなり先生が「わぁ~、すごいね~こりゃ」と一言。
血液検査では白血球の値が13000/μlあり、発熱していることも考えると、ウイルス性の風邪ではなく、細菌性の風邪の可能性が高いとのこと。
細菌性の風邪は普通の風邪薬では治らないそうで、病院で診てもらって良かったです。
ただし、先生からは「来るのが遅い」と言われましたけど。
あと、「普通の人は風邪を引いてもこんな状態になることは少ない。もともと寝ていなかったり、すごく疲れていたりしない限り」とも言われました。
先生、ご名答!
睡眠時間2~3時間が続いていて、すごく疲れていました!

細菌性の風邪には抗菌薬が効くということで、抗菌薬やその他もろもろの薬をもらって帰ってきました。
いざ飲んでみると、あっという間にノドの腫れが引き、びっくり。
ただ、順調に回復しているとは思うのですが、完全に治りきるまでには至っていないんですよねぇ。
4日あたりから出始めた咳がなかなか治まらないのです。
一番最後に出た症状なので、その分治まるのも一番最後なのかなとは思っているのですが…。
今日で薬が切れるので、このまま様子を見るか、もう一度病院に行くか考えたいと思います。



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

| ホームへ |
カテゴリー
雑誌・本・DVD・CD

NO LIMIT: TSUJIMOTO
辻本達規くん

プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT
村田諒太くん

スポンサード リンク
スポンサード リンク

月別アーカイブ