2017年02月

  1. 父親の通院
  2. 父親の入院




父親の通院

2017.02.27 
前回の記事(父親の入院)の続きです。
父の病状から、たぶん入院生活は数カ月にわたるのではないかと勝手に予想していたのですが、なんと入院してから10日目に無事退院となりました。
ただ、すっかり良くなったから退院したというわけではなく、他に入院する人がいるから弾きだされたという表現が合っているかもしれません。
父が入院したのは心臓血管外科ですので、父よりもずっと症状の重い人もたくさんいらっしゃるでしょうし。
早々と退院してしまった分、家族の負担はとても大きくなり、毎日消毒などの処置にかなりの時間がかかります。
少しずつでも良くなっていってくれたらいいのですが、やはり高齢者ということで回復は遅いです。
何カ月かかってもいいので、治ってくれることを信じて毎日頑張っています。

で、退院後は週に数回通院して様子を見ています。
こういう生活だとどうしても気が滅入ってくるので、父の通院時(僕も付き添う)に僕がやっているのは、「イケメン探し」!
もうこれしかない!(笑)
お世話になっている病院はとても大きな病院なので、たくさんの医師・看護師・職員さんがおり、全体的に年齢が若いので、もう目移りしちゃって大変(笑)

今のところ大のお気に入りなのが二人。
一人は父の主治医の先生。
初めてお会いした時「若っ!」と思ったのですが、家に帰って調べてみたら(まぁ気になる人がいたらインターネットで調べるよね~)、年齢はだいたい29歳くらいでした。
Facebookのアカウントがあったので、「ほぉ~この大学出身なのかー」とか「サッカーが趣味なんだな」とか、いろんなことが分かりました。
科が科だけに、いつもすごく忙しそうで、ある時は手術衣のまま診察をしてくれたことも。
この手術衣が曲者でねぇ。
手術衣って、素肌に直接着るものでしょ?
先生の胸元とか脇が気になってしまって。
「先生、その格好はちょっと刺激が強すぎますよ~」などと心の中で言いつつ、チラチラ見える脇は特にしっかり観察しました。
欲を言えば、チラチラ見えるんじゃなくて、ずっと見えていてほしいんですけど(笑)

もう一人は、CT検査室にいた看護師の男子。
もう見るからに新人さんって感じなのですが、とにかく可愛くてねぇ。
初めて会った時、あまりに可愛いのでいつもの悪い癖が出てしまい、じーっと見つめてしまいました(ロックオン状態)。
普段なら僕が見つめても相手の人は気付かないものなのですが、その子は違いました。
僕がじーっと見つめていたら、その子もじーっと見つめ返してきたのです。
なにこの子! 恐ろしい子!
さすが可愛いだけあって、僕なんかよりも数段上手(うわて)でした。
見つめ返された僕はすっかり舞い上がってしまい、もう体じゅうの穴という穴から汁が出たよね。
CT検査の際にその子のすぐ隣に行く機会があったのですが、もう必死になってクンカクンカさせていただきました。
マスクをしていたから、何もにおわなかったけど(苦笑)
CT検査室なんてしょっちゅう行く場所ではないので、どこか別の場所でばったり会ってお話できたらいいなと思いますが、そんな機会が訪れるわけもなく。

――っていう感じで滅入る気持ちを紛らわせています。
今のところこれがモチベーションになって何とか病院通いを続けていますが、やはり車で片道40分を週に数回というのはキツいです。
一日も早く父に回復してもらって、病院通いにピリオドを打ってほしい。
これに勝るものはありません。



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

父親の入院

2017.02.13 
最近、父の体調で気になるところがあったので、思い切って大きい病院(片道車で40分はかかる)に行ってみることにしました。
また、それとは別にちょっと気になる症状もあったので、ついでにそれも診てもらうことにしました。
いざ病院に行ってみると、メーンで診てもらうはずの方は「今すぐどうこうというものではない」という診断結果だったのですが、ついでに診てもらうはずの方が「命にかかわるので、いますぐ入院・手術を」という診断結果でした。
まさかすぐに入院するとは思っていなかったので、何の準備もしていなくて、慌てて僕が入院の準備をしに一旦家に戻ることに。
再び40分かけて家まで戻ったのですが、家の前まで来た時にハタと気が付いたのです。
家の鍵がないことに。
親が持っているんだった!
結局家には入れず、また40分かけて病院まで行き、親から鍵をもらって、また40分かけて家まで戻り、入院の準備をして、また40分かけて病院に行き…。
いったい僕は何をやっているんでしょう。
テンパり過ぎにもほどがあるっていうね。
気が付けばもう夜で真っ暗。
危うく入院病棟の消灯時間に遅れるところでした。
その日、父は手術のための検査を幾つも受け、次の日にはもう手術でした。
3時間の予定が6時間半ほどかかりましたが、無事に成功しました。
しかし、場合によっては再度手術の必要があるかもしれないとのことで、まだ安心はできません。
現在は母が付きっきりの状態です。

というわけで、父のことで家族がもうてんやわんやですので、しばらくはブログがお留守(あるいは手抜き)になる可能性があります。
あ、もともと留守がちなブログだから、今までと変わりないか。



人気blogランキングへ  FC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています

| ホームへ |
カテゴリー
雑誌・本・DVD・CD

NO LIMIT: TSUJIMOTO
辻本達規くん

プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT
村田諒太くん

スポンサード リンク
スポンサード リンク

月別アーカイブ